東海大の坂本聖芽と筑波大の笹山陸、特別指定選手として名古屋ダイヤモンドドルフィンズに加入

東海大の坂本聖芽と筑波大の笹山陸、特別指定選手として名古屋ダイヤモンドドルフィンズに加入

2020/12/24 15:32
坂本聖芽&笹山陸

笹山陸は名古屋Dの『チームの顔』笹山貴哉の弟

名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、東海大3年の坂本聖芽と筑波大2年の笹山陸が特別指定選手として加入したことを発表した。

坂本はキレのあるドライブが持ち味のガードで、積極的に仕掛ける攻めの姿勢が持ち味。「この環境でプレーできることに感謝し、自分自身の成⻑に繋がるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」とコメントしている。

また笹山はパスセンスが光るポイントガードで、兄の笹山貴哉と同じく洛南から筑波大へと進学している。兄が切り込んでのフローターを武器にしているのに対し、弟の陸は3ポイントシュートを武器にしているが、兄弟だけにタイプの似たポイントガードなので名古屋Dのファンには馴染みやすいはず。「この素晴らしいチームで少しでもチームのために貢献し、多くのことを学ばせてもらいます」とコメントしている。

今シーズンの名古屋Dはここまで16勝7敗、現在は5連勝中と好調をキープ。選手層が厚くなったことがチーム好調の要因となっており、その中で2人がどれだけ存在感を出せるか、楽しみにしたい。

RECOMMEND