ヒートがジェームズ・ハーデンを獲得する可能性は「ゼロ」とジミー・バトラーが断言「雑音には耳を貸さない」

ヒートがジェームズ・ハーデンを獲得する可能性は「ゼロ」とジミー・バトラーが断言「雑音には耳を貸さない」

2020/12/22 12:20
ジミー・バトラー

プレシーズンマッチ欠場も「本番に向かう準備はできている」

ヒートには大きな思惑があった。ヤニス・アデトクンボがバックスに自分の将来を見いださずにトレードを希望することになれば、どんな代償を払ってでも獲得する、という計画だ。バックスの本拠地ミルウォーキーは小さな街で、そこに埋もれることを良しとしないとアデトクンボが考えた時には、陽光まぶしいマイアミへ──。

だが、アデトクンボはバックスとの契約延長を決断し、ヒートの計画は立ち消えとなった。その代わりに降ってわいたのがジェームズ・ハーデンのトレード話だった。ロケッツ内部のゴタゴタでハーデンがトレードを要求。行き先は見つからず、ヒートが本気で獲得に動けば『お得な条件で』迎え入れることができただろう。だが、ヒートはそれをしない決断を下した。

ヒートのチームリーダーであるジミー・バトラーは、練習後の取材対応でハーデン獲得の可能性を「ゼロだ」と断言した。「僕らはここで練習に打ち込んでいる。外の雑音には耳を貸さない。外で誰かがトレードの話をすることはコントロールできない。僕らは自分たちでコントロールできることだけをコントロールして、他のことは気にしない」

そのバトラーはプレシーズン2試合を欠場したが、「バスケをする準備はできている」とのこと。「チームと行動をともにしていない時は、外で自分がやるべきことをやっている。自分の課題に毎日取り組んで、これからの本番に向かう準備はできているよ」

昨シーズンは大方の予想を裏切りプレーオフで次々とライバルを撃破。NBAファイナルの舞台まで勝ち上がった。最後は満身創痍の状態でレイカーズに敗れたが、「昨シーズンに乗り越えられなかった壁を乗り越えるためのグループを球団が作ってくれた」とバトラーは言う。

モーリス・ハークレス、エイドリー・ブラッドリー、ドラフトで指名したプレシャス・アチウワが新戦力。またルーキーだった昨シーズンにはほとんど出番のなかったKZ・オクパラがプレシーズンで大活躍し、今年は戦力になりそうだ。オクパラについてバトラーは「常に学んでいるし、オフェンスでもディフェンスでも成長しようとしている。その意欲が僕は好きだ。彼は得点を取ることより、まずはディフェンスでチームに貢献しようとしている。その姿はデビューしたての頃の僕を思い出すよ」と評価する。

もっとも、ヒートの真価はチーム一丸のハードワークと結束力にあり、単に戦力が揃うだけではその力は発揮できない。「今は全員が結束し、お互いの強みを学んでいくところ。すべてを勝ち取ることが目標だ」とバトラーが話すように、これから実戦を重ねる中でチームとしてまとまり、成熟していくことが求められる。それでも、昨シーズンの成功体験がプラスに働くのは間違いない。バトラーとバム・アデバヨがこのチームの中心。ダンカン・ロビンソンとゴラン・ドラギッチが知性としたたかさを、タイラー・ヒーローが爆発力をもたらす。どのチームよりも熱く戦うヒートのバスケットが今シーズンも見られるはずだ。

RECOMMEND