強いぞニッポン! 女子バスケ日本代表が開催国ブラジルに快勝して開幕2連勝を飾る

2016/08/09
日本代表
204

文=鈴木健一郎 写真=Getty Images

ブラジルの攻め手を素早い対応で抑え、「走るバスケ」で圧倒

初戦でベラルーシを接戦の末に破った女子バスケ日本代表。第2戦は世界ランキング7位と、これまた格上のブラジル。開催国のため会場内はブラジルを応援する声に包まれ、苦戦は免れないかと思われたが、始まってみれば日本代表の快勝だった。

立ち上がりは196cmとサイズのあるブラジルのセンター、エリカ・デ・ソウザのポストアップを使ったオフェンスに苦しんだ。しかし、すぐに対応してブラジルの攻め手を封じると、司令塔の吉田亜沙美を中心とする多彩な攻めで、打ち合いに応じる。

本川紗奈生がドライブインからポンプフェイクを入れてのレイアップを決めて反撃開始。ベラルーシ戦で大活躍した栗原三佳が2本の3ポイントシュートを決めてオフェンスを勢いに乗せ、第1ピリオドを19-20で終えた。

続く第2ピリオド、イージーなパスミス、トラベリング・バイオレーションと相手がもたつく間に髙田真希、町田瑠唯、近藤楓とベンチスタート組が爆発してブラジルを圧倒。緩急のある日本の攻めに対して後手に回ったブラジルはファウルがかさみ、自分たちのバスケットができない。

逆に日本は持ち味を存分に発揮。パスでリズムを作った町田が自ら仕掛けて得点を重ねれば、近藤は3ポイントシュートと見せかけてステップインからジャンプシュートを沈める。そして吉田は鋭いスティールから相手のファウルを引き出して、ブラジルを苦しめた。こうして日本が47-33と2桁リードで前半を折り返した。

80点超えのオフェンスはもちろんだが、チーム一丸となったアグレッシブなディフェンスでブラジルを勢いに乗せなかったことも勝利の大きな要因だ。

渡嘉敷来夢がインサイドで躍動、23得点で日本を勝利に導く

後半も日本のペース。第3ピリオド中盤からブラジルがゾーンディフェンスで守備から立て直し、チームファウル4つから粘りのプレーで逆襲に出るも、日本は渡嘉敷を中心にリバウンドで踏ん張る。また苦しい時に吉田から渡嘉敷へのホットラインで得点し、大崩れすることなく21点のリードを守って最終ピリオドへ。

第4ピリオドに入ると、日本はペースをコントロールしてロースコアの展開に。格下の日本には負けられないと猛攻に出るブラジルの頭をしっかりと抑え、20点差をキープしたまま時計の針を進める。残り3分21秒、近藤が3ポイントシュートを決めて82-62。ブラジルの追い上げムードを断ち切り、リードを再び20点にしたところで勝負アリ。

日本を発つ前、内海知秀ヘッドコーチは「日本が五輪本大会で勝つには、食らい付いて接戦に持ち込み、相手を上回るしかない」と語っていたが、想定外の快勝。ブラジルは足が動かず、攻めも淡泊と不調を極めたとは言え、ここまで日本が圧倒するとは思わなかったはず。試合終了の瞬間、AKATSUKI FIVEの選手が歓喜の輪を作る一方で、ブラジルのヘッドコーチ、アントニオ・カルロス・バルボーザは「信じられない」といった面持ちで頭を抱えた。

渡嘉敷は17本中11本を決めて23得点。リバウンド9、ブロックショット3も含め勝利の立役者に。12得点6リバウンドの髙田、8得点5リバウンドの間宮佑圭と合わせ、インサイドを制することができたのが勝因となった。また吉田は11得点11アシストのダブル・ダブルを記録。初戦に続き、活躍すべき選手がしっかり活躍する素晴らしいパフォーマンスだった。

これで日本代表は開幕2連勝。次は明日、トルコ代表と戦う。

積極的なプレーで攻めにメリハリを付けた近藤。第4ピリオドに勝利を決定付ける3ポイントシュートが決まると、ベンチで歓喜が爆発した。