[日本バスケットボール応援企画]自宅で行うパーソナルトレーニング『宅トレ』vol.17 レッグレイズプランク

2021/01/03 08:30

『レッグレイズプランク』では腹筋や背筋といった姿勢を支える体幹部を鍛えます。身体がふらつかないように、左右のバランスを意識して行いましょう。バスケットでは、ディフェンスを抜く時やコンタクトプレーの際にブレない体幹が重要になります。

1.背中を一直線にしてブリッジを作ります。
肩の真下に肘を着きます。足幅は腰幅(拳2つ分)に開きます。背中が丸くならないように意識しましょう。

2. ブリッジの状態から、足を交互に上げます。
足を高く上げる必要はありません。腰を反らないように意識して行います。

交互に10回×3セットから始めて、慣れてきたら回数を15回、20回と増やしていきましょう。

ベストコンディションジムは2004年に福岡市中央区にオープンして以来、アスリート専用トレーニングジムとして多くのアスリートにプログラムを提供してきた。代表の窪田はリオオリンピックでバスケットボール女子日本代表のストレングスコーチを務めるなど、バスケットボールとの関わりは深い。最近はオンラインでのトレーニング指導『宅トレ』の普及に力を入れている。⇒http://best-condition.com/

RECOMMEND