東海大の河村勇輝が楽天とマネジメント契約を締結「社会を元気づけられるよう全力で頑張ります」

東海大の河村勇輝が楽天とマネジメント契約を締結「社会を元気づけられるよう全力で頑張ります」

2020/11/27 12:16
河村勇輝

楽天が河村のアスリート活動を多方面で支援

楽天株式会社は今日、東海大学男子バスケットボール部SEAGULLSに所属する河村勇輝とグローバルにおけるマネジメント契約を締結したことを発表した。

河村はスピードとシュート技術に優れたポイントガード。福岡第一高校では全国大会のタイトルを4度獲得し、ウインターカップでは連覇を達成した。今年の1月には現役高校生ながら三遠ネオフェニックスに特別指定選手として加入し、出場した11試合中7試合で先発を務め、平均プレータイム22.2分で12.6得点、2.0リバウンド、3.1アシスト、1.5スティールを記録。B1での最年少出場記録および最年少得点記録を樹立し、新人賞ベスト5にも選出された。

楽天はこれまでもNBAやウォリアーズとのパートナーシップ、Jリーグのヴィッセル神戸の運営およびアンドレス・イニエスタのブランディング活動の支援など、様々な活動を通じてグローバルにおけるスポーツネットワークを構築してきた。これらのノウハウを生かして河村のアスリート活動を多方面で支援していく。

河村は楽天を通じて次のコメントを発表している。「今回、楽天のバスケットボールに関する取り組みや『スポーツを通じて人々をエンパワーメントする』という思いに賛同し、マネジメント契約を締結いたしました。今後、楽天と一緒に『驚きと感動を与えられるプレーヤー』を目指し、私のプレーや挑戦する姿で、社会を元気づけられるよう全力で頑張ります」

RECOMMEND