報徳学園を全国常連校へと導いた相思相愛コンビ、丸山賢人&宇都宮陸「報徳のバスケができたら優勝もいける」

報徳学園を全国常連校へと導いた相思相愛コンビ、丸山賢人&宇都宮陸「報徳のバスケができたら優勝もいける」

2020/11/22

報徳学園は4年ぶり2回目の出場となった2018年のウインターカップでベスト8に進出した。その後、昨年のインターハイで4強まで勝ち進み、ウインターカップではベスト8と全国の強豪の仲間入りを果たしている。そんな報徳学園の躍進はコンゴロー・ディビッドとともに1年生から試合経験を積んでいる丸山賢人、宇都宮陸の存在が大きい。ライバルという立場から報徳でチームメートとなった2人に最後の冬への意気込みを聞いた。

丸山「ライバルと言われてびっくりしました(笑)」

──まずはそれぞれ自己紹介をお願いします。

丸山 シューターの丸山賢人です。ミニバスで全国で準優勝しました。中学校では全国3位、ベスト5も受賞しました。

宇都宮 ガードで副キャプテンの宇都宮陸です。全中に出場し、ジュニアオールスターにも選出されました。

──新型コロナウイルスの影響でインターハイが中止となりました。当時の心境はいかがでしたか?

丸山 最高学年になった時にインターハイとウインターカップで2冠を獲ることを目標にしていたので、その一つがなくなったのはショックで悲しかったです。でもトレーニングの動画を送り合ったりして、みんなで力を合わせて頑張っていこうと切り替えて、ウインターカップがあることを信じてやってきました。

──コロナ禍で練習するにも苦労したと思います。その中で工夫したことはありますか?

宇都宮 自粛期間でバスケができない時間が多かったですけど、その中でも自分のできることを見つけて取り組んでいました。僕は愛媛県出身なんですけど、近くに海があるので浜でトレーニングをしたり、その近くでドリブルしたりしていました。

丸山 僕は近くにリングがあるコートや公園がいっぱいあったのでそこを転々として毎日やっていました。でもコロナがひどくなって全部閉鎖されてしまったので、その後は自分も海が近いので、浜でトレーニングしていました。

──先ほどトレーニング動画を送り合っていたと言っていましたが、良いコミュニケーションの取り方ですね。

宇都宮 ドリブルやハンドリングとかシュートを打っているところを友達に撮ってもらったり、カメラを置いて撮ったりしていました。あとはトレーナーさんからも課題を出されていたので、そういうトレーニング動画をみんなで出し合っていました。

──2人は1年生から試合に出ていますが、相当仲が良いと見受けられます。2人の関係性を教えてください。

丸山 陸とはいつも連絡を取っていて、取らないことはなかったと思います(笑)。2人ではないですが、毎日一緒に帰っています。

宇都宮 仲間でもありライバルでもあるのかなと思います。チームメートですけど、練習中やトレーニングから競いあったりしていますし、何事にも負けたくないですから。丸山はシューターなんですけど、シュートでもドリブルスキルでも負けたくないという思いはあります。

丸山 僕はどちらかというとライバルというより仲が良いと思っていたので、今ライバルと言われてびっくりしました(笑)。でも負けたくないという気持ちも分かりますし、うれしいです。

──バスケ以外では何をしてリフレッシュしていますか?

宇都宮 僕は映画が好きなので、休みの日はいろいろなジャンルの映画を見ています。恋愛系はあまり見ないですが、オススメはハリーポッターシリーズですね。

丸山 僕は外に出て買い物に行くことが多いんですけど、家にいる時はドラマを見たりしています。1日で1話から最終回までぶっ通しで見ることもあります。僕はハリーポッターを見たことなかったんですけど、陸に「絶対見た方がいいよ」って言われたので、解説を受けながら一緒に見ました(笑)。

宇都宮陸

「日本一になれる条件は揃っていると思います」

──本当に2人は仲が良いですね。では2人のスタイルや印象をそれぞれが紹介してください。

宇都宮 丸山選手は190cmのシューターで、全国的にもなかなかいないシューターだと思います。相手からしたら高身長のシューターは止めずらいしやりづらいのかなと思いますし、頼りになります。

丸山 宇都宮選手は速くて、普通の人じゃ考えられないようなタイミングでの緩急を持っています。あとは空中でかわしてのシュートとかタフなシュートが上手く、点も取れるしアシストもできる、そうそういないガードだと思っています。最初に出会ったのが全中の準々決勝で、その時から上手いと思っていました。

──全中で知り合って、宇都宮君が報徳に行くことは知っていたんですか?

丸山 いえ、ダイレクトメッセージとかで連絡を取っていたんですけど、上手かったので僕が報徳に誘ったような感じです。

──それもまたすごい話ですね。

丸山 県内だったら結構あると思うんですけど、県外だとあまりないと思います。

宇都宮 丸山の存在も知っていたので正直うれしかったです。優勝に近づくには報徳が1番なのかなって思ったので、後悔はないです。

──丸山君はシューターとして、参考にしている選手はいますか?

丸山 ステフィン・カリーがめちゃくちゃ好きで、彼の動画は誰よりも見ているという自信があります。カリーみたいになりたいというが目標にしているので、動画を見て真似したりしています。ディープスリーも打ちますし、1試合の最高成功数は11本です。カリーの最高は13本なので、それを超えられるように頑張ります。

──宇都宮君はスコアリングガードという話が出ましたが、田中敬コーチはアタックとチャンスメークのバランスが良くなったと言っていました。そうなったきっかけはありますか?

宇都宮 ウインターカップの東山戦で負けた時に自分が攻めるだけでは勝てないということに気づきました。そこから学んで、周りにどれだけ気持ちよく打たせるかとか、ゲームコントロール力を磨き上げるように頑張りました。今ではアシストするほうが気持ちいいです。

──では最後にウインターカップでの目標をお願いします。

丸山 チームも雰囲気が良くて、全員が同じ方向を向いていると思っています。1年生も良い選手が入ってきて、日本一になれる条件は揃っていると思います。あとはウインターカップに向けてやってきたことを出すだけだと思っていて、みんなと先生を信じて、日本一を目指します。3ポイントは平均5、6本以上は決めたいです。でも自分が点を取ることもそうですけど、チームを勝たせることが一番大事だと思っています。

宇都宮 優勝という目標に変わりはありません。そこに向けてみんなで頑張っています。1年前と比べたらディフェンスもオフェンスも安定度が違うので、安定して報徳のバスケを続けることができたら優勝もいけると思っています。個人としてはアシストで観客が湧いてくれたらうれしいです。得点よりもアシストを見てほしいです。

コメントを残す

RECOMMEND