バスケットボール選手が知っておきたいケガ予防のQ&A vol.9「X脚の選手が膝のケガを予防するには?」

バスケットボール選手が知っておきたいケガ予防のQ&A vol.9「X脚の選手が膝のケガを予防するには?」

2020/11/07
ケガ予防のQ&A

スポーツにケガは付き物ですが、年齢や競技レベルにかかわらず、できることならケガと無縁でプレーを楽しみたいもの。それでもバスケットボールは激しいコンタクトがあり、急なダッシュとストップ、ジャンプと着地を繰り返すハードな競技です。そんなバスケをケガなく続けるために、ケガの予防や対処の知識を得ておきましょう。スポーツ医学の専門家である近良明医師に、特に成長期にある10代までのバスケ選手によくある疑問に答えてもらいました。皆さんも疑問がある場合はこちらに質問をお寄せください(ただし、痛みや不具合がある場合は早めにお近くの専門医に相談しましょう)。

答えてくれたのは……近良明医師 新潟県新発田市出身。スポーツ医学と肩関節外科が専門の整形外科医として新潟県新潟市に『こん整形外科クリニック』を構える。新潟県バスケットボール協会スポーツ医科学委員長を務める。

[Q]膝が内側に入っているX脚で、ケガが不安です
中学3年生の娘の膝が、えらく内側に入っているX脚です。バスケットボールでは膝のケガが多く、X脚はケガのリスクが高いと思うのですが、ケガをしない予防としてのストレッチやトレーニングを教えてください。

[A]膝のアライメントをチェックしましょう
おっしゃる通り、X脚の場合は膝が内側に入ることで、重大な膝の靭帯損傷に繋がる可能性があります。身体の形状を『アライメント』と言います。膝のアライメントをチェックし、その改善のためのコンディショニングのために、是非『バスケ手帳』を使ってみてください。

バスケ手帳』のサイトでは、セルフチェックの項目でアライメントをチェックでき、コンディショニングのページでトレーニングを行うことができます。ストレッチから強化まで、レベルごとにトレーニングできるようになっています。

過去の『ケガ予防のQ&A』はこちらから!

RECOMMEND