ロケッツの指揮官マイク・ダントーニとの再契約についてGMが「オフの最優先事項」と明言

ロケッツの指揮官マイク・ダントーニとの再契約についてGMが「オフの最優先事項」と明言

2020/09/07
マイク・ダントーニ

今シーズン終了後に契約満了に

レイカーズと西カンファレンス・セミファイナルで対戦しているロケッツは、今年のオフにある決断を下さなくてはいけない。

指揮官のマイク・ダントーニとの契約は、2019-20シーズン終了後に満了する。ジェームズ・ハーデンを中心に、3ポイントシュートと万能性のある選手を集めたチームで結果を残してきたダントーニと再契約を結ぶかどうかは、今後のロケッツのスタイルにも影響が出るため懸案事項の一つだ。ダントーニとロケッツは去年から再契約に関して話し合いを進めているようだが、まだ合意には至っていない。

それでもGMのダリル・モーリーは、ダントーニとの再契約を「オフの最優先事項」と明言している。『USA Today』の取材を受けたモーリーは「チームの主力との契約は残っている。マイクがチームに残ってくれることが最重要」と話している。

昨年の夏、ロケッツはダントーニに1年契約を提示したと報じられたが、ダントーニは複数年契約を希望しているという情報もある。また、先日ネイト・マクミランを解任したペイサーズがダントーニの招聘に関心を持っているとも報じられたため、ロケッツとの交渉がまとまらなければ退団する可能性も十分に考えられる。

ロケッツの選手からも信頼されているダントーニが来シーズンも采配を振るのかどうか、今シーズン終了後に持たれる話し合いの行方に注目したい。

RECOMMEND