『B.LEAGUE AWARD SHOW2017-18』、MVP受賞の比江島慎「ワクワクするようなプレーを、続けていきます」

2018/05/29
Bリーグ&国内
485

文=丸山素行 写真=B.LEAGUE

会場を沸かした松島のバブリーダンス

アルバルク東京の優勝で幕を閉じたBリーグ2017-18シーズン。本日恵比寿ガーデンプレイスの屋外施設で『B.LEAGUE AWARD SHOW2017-18』が実施された。

普段のユニホーム姿とは違い、スーツ姿で登場した選手たちに会場は黄色い歓声が上がった。授賞式が進んでいく中、一際盛り上がったのは「BREAK THE BORDER 賞」受賞のシーンだ。

常識を覆した者に送られる「BREAK THE BORDER 賞」にはレバンガ北海道が選出された。選手兼クラブの代表を務める折茂武彦が登壇した際、チームメ―トの松島良豪が駆けつけキレッキレのダンスパフォーマンスを披露した。松島は「この日のために選手として頑張ってきて良かった」と会場の笑いを誘い、折茂は「見てるこっちが汗かいてきた」と苦笑した。

ベスト5には富樫勇樹(千葉ジェッツ)、金丸晃輔(シーホース三河)、比江島慎(シーホース三河)、田中大貴(アルバルク東京)、ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)の5人が選出された。奇しくも5人全員が昨シーズンに続き2年連続での受賞となった。

MVP受賞スピーチで流した比江島の涙

最優秀選手賞に選出されたのは比江島だった。レギュラーシーズンでは、48勝12敗とリーグ最高勝率をマークしたチームの核を担い、チャンピオンシップでは『比江島タイム』を披露して、優勝したA東京を最後まで追い詰めた姿が記憶に新しい。 サプライズとして比江島の兄、ミニバスから高校までの恩師などからのビデオレターが公開された。

比江島は「僕もさっき(受賞を)聞かされて、正直何をしゃべろうか決まってなく頭真っ白です」と驚きながらも、「すべての指導者にいろんなことを教わりましたし、色んな経験をさせてもらって今ここに立てていると思います。感謝申し上げます」と支えてもらっている人へ感謝を述べた。

またスピーチの途中には、「プライベートで母親を亡くしてしまったり……」と4月21日に急逝した母のことを語ろうとし、こみ上げる思いを抑えられず涙を流した。

そして比江島は「Bリーグをまだまだ知らない人々のためにも、ワクワクするようなプレーを、今後も続けていきます」と締めた。

その他の各賞は以下の通り。

得点王 ダバンテ・ガードナー(新潟アルビレックスBB)

アシスト王 宇都直輝(富山グラウジーズ)

リバウンド王 ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)

スティール王 マイケル・パーカー (千葉ジェッツ)

ブロック王 ハシーム・サビート・マンカ(横浜ビー・コルセアーズ )

ベスト3P成功率賞 喜多川修平 (栃木ブレックス)

ベストFT成功率賞 金丸晃輔(シーホース三河)

ベスト6thマン藤井祐眞(川崎ブレイブサンダース)

新人賞 馬場雄大 (アルバルク東京)

ベストディフェンダー賞 橋本竜馬 (シーホース三河)

タフショット賞 ハッサン・マーティン (琉球ゴールデンキングス )

最優秀ヘッドコーチ賞 ルカ・パヴィチェヴィッチ (アルバルク東京)

最優秀審判賞 加藤誉樹

BREAK THE BOADER賞 レバンガ北海道

このアワード賞をもって、Bリーグ2017-18シーズンの全日程が終了。契約更新などを控えてはいるが、選手達は束の間の休息期間へと入る。