ラプターズの自滅でセルティックスが先勝、それでもジェイソン・テイタムは「簡単にはいかないと覚悟すべき」

ラプターズの自滅でセルティックスが先勝、それでもジェイソン・テイタムは「簡単にはいかないと覚悟すべき」

2020/08/31

ファウルトラブルのシアカム「言い訳はしたくない」

2日に1試合ペースから1週間空いたカンファレンスセミファイナルのセルティックスvsラプターズ。どちらも試合が空き、間にボイコット騒動があったことで試合勘がつかめなかった。序盤からパスやシュートのイージーなミス、さらにはラインクロスやトラベリングも多い中、シュートタッチ自体が好調なセルティックスがタフショットをねじ込み、開始4分で11-3と先手を取る。

ラプターズをさらに苦しくしたのは、パスカル・シアカムのファウルトラブルだ。開始1分半で最初のファウルをコールされたシアカムは、第1クォーター途中に立て続けにファウル。チャレンジも失敗に終わり、ラプターズは攻守の要をベンチに下げるとともに13-26と大量ビハインドを背負った。その後もラプターズのプレッシャーディフェンスをかいくぐったセルティックスが攻め続け、堅守を誇るラプターズから39得点を奪う第1クォーターとなった。

「本来の我々ではなかった」とラプターズの指揮官、ニック・ナースは試合後に語る。ジャッジについても「厳しい判定ではあったが、それがリズムの悪さのすべてではない。プレーの質でもハードワークでも勝つには十分ではなかった」と言い訳にしようとはしなかった。

ラプターズは第1クォーターに背負ったビハインドを返すことができず、常に2桁の点差のまま94-112で敗れている。シアカムは第2クォーター途中からコートに戻って34分間プレーしたが、13得点3リバウンドと調子は上がらなかった。「やってはいけないミスをしてしまった。いろいろな感情が入り混じる1週間だったけど、ここに残ると決めた以上は、コートに立ったらやらなきゃいけない。今日はそれができなかった。言い訳はしたくない。受け止めなければいけない」とシアカムは語る。

「ディフェンスはそれほど悪かったと思わないけど、オフェンスのリズムは最後まで持てなかった。でも、僕たちはゲームから学ぶつもりだ。上手くプレーできなかったけど、映像を見直してもっと良いプレーができるようにするよ」

セルティックスではジェイソン・テイタムとマーカス・スマートの21得点を記録。攻撃の起点となるケンバ・ウォーカーは18得点10アシストを記録したが、彼に依存することなくボールをシェアするバランスの良さが目立った。

マーカス・スマートはチームオフェンス好調の理由を問われ、ゴードン・ヘイワードの名前を挙げた。「彼の離脱はチームにとって大きな痛手だ。だけど、それをカバーするために僕を含めて全員が成長した。得点でもディフェンスでもいい、ちょっとしたことでもいいんだ。もともと攻撃が得意な選手はたくさんいるから、僕の仕事はディフェンス面で連係を取ってチームを引っ張ることだ」

そしてテイタムは、貴重な第1戦の勝利を挙げた直後でも気を引き締めた。「今日勝てたのは僕らがお互いに信頼してプレーできたからだと思う。ここで長い時間を一緒に過ごしているし、良い準備ができた。でも、すべての試合で完璧な試合ができるわけじゃない。昨シーズンのプレーオフを思い出すべきだ。環境も対戦相手も違うけど、簡単にはいかないと覚悟すべきだ。僕らが向き合っているのは昨シーズンのチャンピオンチームなんだからね」

昨シーズンのプレーオフでセルティックスに何が起きたか。カイリー・アービングとアル・ホーフォードを擁するチームはファーストラウンドでペイサーズをスウィープ(4勝0敗)、バックスとの初戦にも快勝したが、その後は4連敗でシーズンを終えている。

あの悔しさを忘れていないのであれば、気の緩みが生まれる余地はない。もちろん、ラプターズも第2戦からは精神面で立て直してくるだろう。初戦は思いがけずワンサイドゲームとなったが、ここから先は激戦必至だ。

RECOMMEND