越谷アルファーズが経験豊富な司令塔、二ノ宮康平を獲得

越谷アルファーズが経験豊富な司令塔、二ノ宮康平を獲得

2020/08/21
二ノ宮康平

「地元埼玉のバスケットボールの発展に寄与できるよう行動していきたい」

越谷アルファーズは今日、二ノ宮康平と2020-21シーズンの契約を結んだことを発表した。

二ノ宮は慶応義塾大卒業後、トヨタ自動車アルバルク(現アルバルク東京)でプロキャリアをスタートさせ、Bリーグ開幕をA東京で迎えた。その後、琉球ゴールデンキングス、滋賀レイクスターズを経て、昨シーズンは茨城ロボッツでプレーした。ケガの影響で17試合の出場に留まったが平均4.9得点、1.2リバウンド、2.2アシストを記録。堅実なゲームメークと非凡な外角シュートが持ち味のポイントガードだ。

二ノ宮はクラブを通して次のコメントを発表している。「今シーズンまだどのような形でシーズンが進んでいくのか不透明な状況ではありますが、足元のできることに集中をし、チームのために、日本バスケットボールのために少しでも貢献できるように努めて参りたいと思います。また、越谷アルファーズは私の出身県のチームでもあるので、地元埼玉のバスケットボールの発展に寄与できるよう行動していきたいと思います。今シーズン皆様にお会いできるのを楽しみにしています! よろしくお願いいたします!」

1件のコメント

  • アバター kunimatsu333k より:

    滋賀ではスピードあるドリブルとシュート、ワクワクなプレイ楽しく見せていただきました。ポーカーフェイスですが強気なところが好きです!
    滋賀でもお話し聞かせて頂きありがとうございました。
    埼玉に帰って地元のためにバスケット頑張ってください。怪我だけはケアして無理しないようにしてください。応援📣してます。

RECOMMEND