ルーキーのマティス・サイブルがベン・シモンズの代役に抜擢か「これまでの努力が実る時」

ルーキーのマティス・サイブルがベン・シモンズの代役に抜擢か「これまでの努力が実る時」

2020/08/17
マティス・サイブル

「チームメートやコーチングスタッフから信頼してもらえている」

セルティックスとプレーオフ・ファーストラウンドで激突するセブンティシクサーズは、先日膝の手術を受けて今シーズン残り試合を欠場するベン・シモンズ抜きで戦わなければならない。

シモンズが抜けた大きな穴を埋めるのは簡単ではないが、ヘッドコーチのブレット・ブラウンはルーキーのマティス・サイブルにチャンスを与えることを考えている。サイブルを先発に抜擢するか明言を避けたものの「いずれにしても重要な役割を担うようになる」とブラウンはコメントした。

サイブルはレギュラーシーズン65試合に出場し、平均プレータイム19.8分で4.7得点、1.6リバウンド、1.2アシスト、1.4スティールを記録。特にディフェンスに定評がある彼には、ジェイソン・テイタム、ケンバ・ウォーカー、ジェイレン・ブラウンらが揃うセルティックスとのシリーズで、主に守備での貢献が求められる。大事なシリーズでチャンスが巡ってきたとしても、本人は指揮官の期待に応えられるだけの準備を整えていると胸を張る。

「やりがいがあることだし、チームメートやコーチングスタッフから信頼してもらえているということ。プレーオフに向けて気合いが入る時期に、みんなから信頼してもらえるならうれしい。シーズンを通して自分の役割を担ってきたし、これまでの努力が実る時だ。チーム全員で取り組んできたことを見せる時が来たよ」

サイブルは今シーズンを通して対戦相手のベストプレーヤーとマッチアップする機会が多かったともコメントしている。シリーズの勝敗を左右する『Xファクター』になれるかどうか、明日から始まるシリーズでのパフォーマンスに注目だ。

RECOMMEND