マーケル・フルツ、レギュラーシーズン最終戦で史上最年少トリプル・ダブルを達成

2018/04/13
NBA&海外
29

写真=Getty Images

浮き沈みの激しいシーズンの最後にド派手な仕事

2017年ドラフト全体1位指名を受けたマーケル・フルツが、2017-18レギュラーシーズン最終戦でNBA史にその名を刻んだ。

ホームで行なわれたバックス戦で、フルツは13得点10リバウンド10アシストを決めてトリプル・ダブルを記録。19歳と317日でのトリプル・ダブルは、レイカーズのロンゾ・ボール(20歳と15日)を抜いて史上最年少での快挙だ。

フルツは「ただコートに出て、自分のプレーを楽しんで、自信を持ってプレーできるかどうかだった」とコメントしている。

フルツにとっての1年目は、浮き沈みの激しいシーズンだった。肩を痛めてシュートフォームを崩し、そこから欠場が長期間に及んだ。3月26日に復帰してからの試合では平均7.6得点、3.4リバウンド、4.6アシストを記録したが、全体1位ルーキーとしては期待外れに終わった。

しかし、シーズン終盤に調子が上向いたのは朗報だ。東カンファレンス3位を死守したシクサーズは、プレーオフ1回戦で6位のヒートと対戦する。ジョエル・エンビードが戦列に戻るまでの間、フルツはベン・シモンズとともにオフェンスの舵を取る役目を担うだろう。会場の雰囲気も、重圧もレギュラーシーズンとは一変するプレーオフで、ルーキーがポテンシャルを発揮できるかどうかに注目したい。

公表されてはいないものの、肩の異常は長期欠場のきっかけでしかなく、NBAプレーヤーとしての重圧に押し潰されてしまったのだろう。時間はかかったが、彼はコートに戻って来た。苦しい状況を乗り越えるまでの過程を知っているからこそ、シクサーズの仲間たちは、試合後コートでインタビューを受けたフルツに水を浴びせ、手荒い形で祝福したのだろう。