Bリーグのスター選手による5人組ユニット『Pick~and~Roll』が緊急デビュー!

2018/04/01
Bリーグ&国内
113

提供=B.LEAGUE

Bリーグ発の5人組ヒップホップユニットが本日デビュー

Bリーグに華々しい立ち上げから1年半、全国にバスケットボール熱が定着して一応の成功を見ているが、リーグが目指すのはもっともっと高いレベル。リーグが掲げる3つの使命は『世界に通用する選手やチームの輩出』、『エンターテイメント性の追求』、『夢のアリーナの実現』であり、これを実現するための一歩か半歩かサイドステップか、なんなら一気にホップ・ステップ・ジャンプを狙う新たな歩みを踏み出した(ただし3歩目でトラベリング)。

リーグで活躍する人気選手を集めた5人組ユニット『Pick~and~Roll』を結成。本日、デビュー曲『FAKE NEWS』をリリースすること。さらには9月にライブツアー『It's EARLY Lieve Tour 2018』の開催、およびデビュー記念グッズを販売することを発表した。

『Pick~and~Roll』プロフィール

全国各地のリスナー老若男女が共感するリーダーのMCマコ(シーホース三河#6 比江島慎)、突然の引退も「ナベさんがいないと困る」とメンバー全員からラブコールを受け電撃復帰した最年長のナベ(栃木ブレックス#24 渡邉裕規)、果てしない高音域を持ち味とする北の大地のカリスマASAHITANG(レバンガ北海道#8 多嶋朝飛)、野性的それでいて論理的独自の「間」とフェイクを駆使するリュウ(琉球ゴールデンキングス#14 岸本隆一)とクールかつトリッキーなオリジナルサウンドを奏でるユウ(琉球ゴールデンキングス#11 須田侑太郎)によるDJシーサーズの3MC2DJの5人組ヒップホップユニット。
ユニット名の由来は、彼らの幼い頃からの憧れであり、海外で活躍することの夢を見させてくれた“L'Arc~en~Ciel”に影響を受け、それとなく音が近いバスケットボールの専門用語「ピック・アンド・ロール」に決定。B.LEAGUEのプロバスケットボール選手でもありモテ男でもある5人は「“Pick~and~Roll”がメジャーになることで「ピック・アンド・ロール」も一般用語として認知されるように育てていきたい」と語る。 

デビュー曲『FAKE NEWS』について

バスケットボールの相手プレーヤーをだますプレーのテクニックである「フェイク」が得意な 5人組がタイトルを決めました。スクラッチと重低音を意識した、DJシーサーズ独特のビートメイクに、3MCがバスケ用語も駆使した軽快なラップをのせる。トラックには彼らが日ごろから親しむバスケットボールのダムダム音やシューズのスキール音など、リアル録音した肝入りのサンプリング音もふんだんに収録されている。

『Pick~and~Roll』オフィシャルサイト

4月1日はエイプリルフールです。