ロケッツのラッセル・ウェストブルックが新型コロナウイルス陽性「このウイルスを真剣に受け止めてほしい」

ロケッツのラッセル・ウェストブルックが新型コロナウイルス陽性「このウイルスを真剣に受け止めてほしい」

2020/07/14

ラッセル・ウェストブルック

ジェームズ・ハーデンもチームに帯同しておらず

ロケッツのラッセル・ウェストブルックは、ディズニーワールド出発前の検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを自身のSNSで明かした。

「今のところ気分は良い。隔離されているけど、大丈夫になってチームに合流することを楽しみにしている。このウイルスを真剣に受け止めてほしい。マスクをして、安全に気を付けるんだ」

理由は明らかにされていないが、ジェームズ・ハーデンと先日契約したばかりのルーク・バー・ア・ムーテも、先週に『バブル』入りしたチームに帯同していない。ヘッドコーチのマイク・ダントーニは会見で、彼らの不在について理由には触れず「早く合流してくれることを願っている。理想的な状況ではないが、準備はできるはずだ」とだけ語っていた。

平均27.5得点、8.0リバウンド、7.0アシストを記録しているウェストブルックは、ロケッツにとって不可欠な存在だ。彼が不在のまま戦うことは考えられないし、合流がさらに遅れてコンディションが整わないままシーズン再開を迎えるのも痛手となる。

ウェストブルック、ハーデン、バー・ア・ムーテを除くチームは先週木曜にディズニーワールドに到着し、最初の隔離期間を終えてチーム練習をスタートさせている。

ロケッツはここまで40勝24敗、西カンファレンスの6位につけている。4カ月半ぶりの公式戦は8月1日のマーベリックス戦。そこからバックス、ブレイザーズ、レイカーズと強豪との対戦が続く。

RECOMMEND