三遠ネオフェニックスが山本柊輔を選手兼スキルデベロップメントコーチとして獲得

三遠ネオフェニックスが山本柊輔を選手兼スキルデベロップメントコーチとして獲得

2020/06/17

山本柊輔

「チームの力になれるよう全力を尽くしていきます」

三遠ネオフェニックスは今日、山本柊輔を選手兼スキルデベロップメントコーチとして獲得したことを発表した。

山本は筑波大出身のポイントガード。Bリーグ開幕初年度からの2シーズンを山形ワイヴァンズでプレーし、2018-19シーズンはレバンガ北海道でB1に挑戦。昨夏には北海道を退団し、地元、静岡のバスケを盛り上げる活動を主体的に行った後、カナダリーグに挑戦する準備としてアメリカに渡った。アメリカではGリーグのトライアウトを受け、NBAキングスの傘下チームでのプレー機会を得ていたが、昨年10月にアルバルク東京からオファーを受けて、シーズン途中での加入を決めた。今シーズンは7試合に出場したが、12月末にA東京を退団している。

三遠の鹿毛誠一郎GMは、山本を「IQが非常に高いポイントガード」と紹介し、こう期待している。「若い頃から自主的にアメリカに渡り、スキルやメンタルを鍛えてきた山本選手がチームにいい風を吹かせ、チームの底上げに貢献してくれることは間違いありません」

山本もクラブを通して意気込みを語っている。「自分の持ち味であるピック&ロールとハードなディフェンスを武器に、新ヘッドコーチのバスケに順応して1日でも早くチームの力になれるよう全力を尽くしていきます」

「また、今回選手としてプレーをしながら、スキルデベロップメントコーチを兼任するという新しい挑戦もさせて頂くことになりました。プレーヤーとして、スキルコーチとして、オンコート・オフコートに関わらず、チームの力になれるよう精一杯取り組んでいきますので、熱い応援をよろしくお願いします」

RECOMMEND