エンビードがアデトクンボをシクサーズに勧誘?「ウチのプロセスを信じろ」

2018/02/23
NBA&海外
172

写真=Getty Images

フリーエージェントになる2021年を見据えた『布石』?

オールスターウィークエンドには、NBAを代表する老若男女が開催地に集結する。普段はなかなか交流できないスター選手たちも、この時ばかりはライバル関係を忘れ、他チームの選手との交流を楽しむ。

バックスのヤニス・アデトクンボは『チーム・ステフィン』のスターターとして2年連続のオールスターゲーム出場を果たした。試合前にはキャプテンのステフィン・カリーにリーダーシップについて助言を求めている。

そのアデトクンボは、同じチームでプレーしたジョエル・エンビードから、セブンティシクサーズに移籍するよう勧誘されたことも明かしている。2月21日の練習後、アデトクンボは「そうそう、エンビードからは『ウチのプロセスを信じて、フィリーのためにプレーしてくれよ』と言われたんだ」と笑顔でコメント。「今みたいに、僕は笑うことしかできなかったよ」

アデトクンは2021年にフリーエージェントになる。今すぐ去就が話題になることはないものの、その時にキャリアの充実期を迎えるであろうエンビード、アデトクンボ、ベン・シモンズの新世代ビッグ3が誕生すれば、シクサーズは優勝候補に躍り出る。今回は冗談で終わったとしても、エンビードの勧誘は将来的な移籍の布石なのかもしれない。