レブロン・ジェームズのウォリアーズ移籍の報道に困惑するケビン・デュラント

2018/02/02
NBA&海外
455

写真=Getty Images

デュラント「絶対に起こらないとは言えない」

今オフにフリーエージェントの権利を取得する選手の中で最も去就が注目されるのがレブロン・ジェームズだ。2016年のキャバリアーズ初優勝後のパレードで「生涯キャブズ」を宣言したが、彼を取り巻く状況は日々変化している。

2014年にキャブズに復帰した後、『弟分』として可愛がってきたカイリー・アービングは、レブロンからの独り立ちを求めてセルティックスに移籍。キャブズはアービングとの交換でアイザイア・トーマス、ジェイ・クラウダー、アンテ・ジジッチを獲得したが、新チームはまだ思うように機能していない。

さらにはレギュラーシーズン後半戦に差し掛かるこの時期にケビン・ラブも左手を骨折し、約2カ月の離脱になる見込み。もしキャブズが4年連続(レブロンにとっては8年連続)のNBAファイナル進出を逃せば、エースも環境の変化を求めるかもしれない。そんな矢先、『ESPN』が報じた憶測報道が物議を醸している。

なんと、レブロンが宿敵ウォリアーズとの交渉の席に着く可能性があると報じられたのだ。リーグ関係筋からの情報として『ESPN』が伝えた内容によれば、その可能性はウォリアーズがレブロンにマックス契約を提示できる場合のみだという。また、万が一にもウォリアーズとキャブズの間でレブロンを含むサイン・アンド・トレードが成立する場合、ケビン・デュラントがプレーヤーオプションを破棄して2年連続の減額を受け入れ、しかもショーン・リビングストンも放出する必要が出ててくるという。

現実的な話には思えないが、NBAに『絶対』はない。この件についてコメントを求められたデュラントは、「くだらない」と一蹴したものの、自身の移籍を例に挙げてこうも語った。「ただ、このリーグでは何が起こるか分からない。数年前なら、自分がウォリアーズに移籍するなんて誰も考えていなかったはずだしね」

レブロンがウォリアーズのユニフォームを着る姿は想像がつかない。しかし、2年前にデュラントのウォリアーズ移籍も想像できたかと問われれば、答えに困ってしまう。『スーパーチーム』を超える『ウルトラチーム』が誕生するかどうか、今後もレブロン周辺が騒がしくなるのは間違いない。