トヨタ自動車アンテロープスの大神雄子が語るNBAと自身の今後「自信を持って皇后杯と残りのリーグに挑みたい」

2017/12/30
NBA&海外
160

協力=WOWOW 写真=WOWOW、野口岳彦

12月28日にWOWOWで放送されたボストン・セルティックスvsシャーロット・ホーネッツの試合に大神雄子(トヨタ自動車アンテロープス)がゲスト出演。今シーズン限りで現役を退く日本代表のレジェンドに今季のNBA、注目点、ファンへのメッセージを話してもらった。

今シーズンはキャブズとウルブズに注目

──本日、NBAの解説をしてみてどうでしたか?

普段、家で見ているのと全然違いますね。WOWOWのNBAファミリーとバスケットを1試合観るのがこんなに楽しいんだと再確認しました。やっぱり現場ですね。

──本日一緒に解説した石田剛規さんとは同い年の同学年ですね。

こういう場所で同級生と共演できるのは刺激になりますね。選手を終えてコーチになって、石田君は今、何を考えてこの試合を分析するのか、ちょっと目線が違うなと思いました。井上眞一先生という桜花学園の先生が言うんですけど、「選手とコーチは違うからな。良い選手が良いコーチになるとは限らない」と言っていました。そういった意味でも、目線が違うなと感じました。

──Wリーグのシーズンが残り3カ月という中で、ご自身もコーチ目線でバスケットを見ていくようになるのでしょうか?

そうですね。ジェイソン・キッド(現ミルウォーキー・バックスHC)も現役引退してすぐヘッドコーチになった時は、ロンドン五輪あたりから毎日練習をメモしていたというエピソードがありますけど、自分もアンテロープスのヘッドコーチの(ドナルド)ベックさんのバスケットとかは気になることがあったらメモを取ったり、すぐに質問したりします。今、選手だからこそ聞けることを聞いています。

──ご自身がコーチになったらどのようなバスケを展開していきたいですか?

ハーフコートバスケも大事ですけど、一番はディフェンスです。ディフェンスの確立が流れを変えるし、ディフェンスを確立することによってオフェンスのリズムが生まれます。勝負に行くときは、絶対にディフェンスだと確信しました。

──NBAでディフェンスがうまいチームであったり、選手はいますか?

どこのチームというより、オーストラリア代表でNBAにきている選手はフィジカルが強いですね。今日の試合で言えばアーロン・ベインズ(セルティックス)ですよね。ディフェンスもそうですけど、アタックする部分が強い印象です。

──NBAで今シーズン注目しているチームは?

クリーブランド・キャバリアーズですね。昨季はファイナルで敗れて今季を迎えた中で、中心選手のカイリー・アービングが抜けながらもデリック・ローズやアイザイア・トーマスが加入して補強はそれなりにできていますが、故障で中々うまくいっていません。そういう状況で少し苦しんでいるとは思いますが、シーズン長いし故障者は戻ってきますので、レブロン・ジェームスの負担も軽減されていくと思います。昨季のファイナルの負けからメンバー変わりながらも、もう一度ファイナルに戻ってくるストーリーは見たいです。

注目で言えば、ミネソタ・ティンバーウルブズです。トム・シボドーヘッドコーチになって3シーズン目。ジミー・バトラーなど元シカゴ・ブルズのメンバーを揃えて来て、名前的にはすごいメンバーが揃っています。デリック・ローズがブルズにいたときのバスケが非常に好きでした。ティンバーウルブズのような若いチームでできるのは凄いと思います。

──注目している選手はチームと同じで、キャバリアーズとティンバーウルブズにいるのでしょうか?

選手になると少し別なんですよ。本当はミロシュ・テオドシッチ(ロサンゼルス・クリッパーズ)としたいところです。ずっとNBAに近いと言われてながら出てこなかったじゃないですか。そこで五輪を契機か分からないですけど、クリッパーズと契約して、クリッパーズはクリス・ポール(ヒューストン・ロケッツ)を放出した。テオドシッチに対しての期待度を含めて大きかったと思います。ただ、テオドシッチが故障で出遅れていますので、ロケッツに注目はしています。

──ご自身でプレイの参考にしているNBA選手はいますか?

プレーというよりはプレーに入る前の準備で、ステフィン・カリーのドリブルワークであったり、最近は体幹をしっかりと作るようなものであったり、カイリー・アービングの試合前にやっているチューブトレーニングは自分なりに勝手に取り入れて試合に入っています。

一生懸命プレーすることはいくつになっても変わらない

──現役ラストまでカウントダウンになってきていますが、目標は何でしょうか?

やっぱり優勝ですよ! 今年はみんなで口を揃えて優勝と言ってきて、それができるメンバーだと思っています。今、身体がきついから言うわけではないですけど、優勝に向けて必死に練習を重ねています。そういう部分からしか自信は生まれてこないので。今は相当身体を追いこんでいるので、自信を持って皇后杯と残りのリーグに挑みたいと思います。

──会場まで見に来てくれるファンの方に自分のどんなプレーをみてほしいですか?

18歳のルーキーで入ってきたときと比べて何が変わってきたかというと、疲労の抜け方やプレースタイルも多少変わってきたかと思います。ただ、選手である以上、一生懸命プレーすることはいくつになっても変わらないことです。アップからもそうですし、しっかり試合に入る準備をしているところを見てもらいたいです。ゲームでは勝ちにこだわっている一つひとつのプレーを見てほしいです。

──最後にファンへメッセージをお願いします。

いつも応援ありがとうございます。今はNBA、Bリーグ、Wリーグと冬はバスケットボールのシーズンです。今は色々な環境でバスケットボールを見ることができます。ぜひ一緒にバスケットを盛り上げていきましょう。2020年の東京五輪に向けてバスケットの日本代表の強化も含めてバスケットを認知されてるためにも皆さんの力が必要です。私も一生懸命選手として頑張っていますので、応援もそうですし、一緒に盛り上がっていければと思います。

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆
「超絶ドラマチック!NBAバスケットボール」

12/28(木)~2018/1/13(土)は「日本バスケ×NBAコラボWEEK!」 
国内トップ選手が集結!

1/3(水) 午後0:00~ 「トレイルブレイザーズvsキャバリアーズ」 [WOWOWプライム]
ゲスト:田渡 凌(横浜ビー・コルセアーズ)
1/4(木) 午後0:00~ 「スパーズvsセブンティシクサーズ」 「WOWOWプライム」
ゲスト:並里 成(滋賀レイクスターズ)
1/5(金) 午後3:30~ 「サンダーvsクリッパーズ」 [WOWOWプライム]
ゲスト:伊藤 大司(レバンガ北海道)
1/6(土) 午前9:45~ 「スーパーサタデーLIVE!ラプターズvsバックス」 [WOWOWプライム] ゲスト:宇都 直輝(富山グラウジーズ)、長谷川 智也(サンロッカーズ渋谷)

■詳しくはWOWOW NBA ONLINEへ!
http://www.wowow.co.jp/sports/nba/