WCプレビューvol.14洛南(京都)大橋大空&津田誠人「ガッツあるプレーを見て」

2017/12/14
プレーヤー
1210

取材・写真=古後登志夫 構成=鈴木健一郎

洛南の練習を見ていて、川崎ブレイブサンダースの辻直人が洛南出身選手の典型的な姿なのだと感じた。関西のノリ──。ウインターカップを前に練習の強度はかなり高いはずだが、おしゃべりと笑いが絶えない。ボケとツッコミでコミュニケーションが成り立っている、と言えば言い過ぎかもしれないが、みんな楽しそうに、そして真剣にバスケの練習に取り組んでいる。夏のインターハイには出られなかったが、その分まで全国の舞台で自分たちの力を見せ付けたい。そんなフレッシュでストレートな野心をむき出しにする大橋大空と津田誠人に話を聞いた。

[INDEX]ウインターカップ2017プレビュー 出場校インタビュー

あこがれの存在は「馬場雄太」と「富樫勇樹」

──プレーヤーとしてあこがれている選手、ライバル視している選手はいますか?

津田 あこがれているのは馬場雄大選手です。大学在学中にプロに行くのはすごいことですし、あの身長であの動きができるのは本当にすごいと思ってあこがれています。ライバル視しているのは、同じ身長で同じようなプレースタイルの福島南の半澤凌太選手、北陸の二上耀選手ですね。仲が良いのは土浦日大の高原晟也選手です。あとは八村阿蓮選手も。たまに連絡を取る、というかしょっちゅうですね。八村選手とは「そろそろ対戦したいな」って話をしていたら、ほんまに当たっちゃって。やばいなって(笑)。

──順当に勝ち進めば準々決勝で明成と当たりますね。八村選手とのマッチアップはどうイメージしていますか?

津田 身体が強いのですが、僕も留学生相手にやってきた自信があります。留学生とやっているような意識で負けないように頑張ります。

──大橋キャプテンはいかがですか?

大橋 僕が目指している選手は富樫勇樹選手です。身長が低いのに得点力があって、僕の目指すところかなと思います。僕はライバル視している人はあまりいないんですけど、強いて言うなら同じ身長の帝京長岡の祝俊成選手です。まだマッチアップしたことないので、対戦してみたいです。

津田「洛南のためにインサイドの仕事を頑張る」

──津田選手は日本代表に入りました。どんな経験ができましたか?

津田 日中韓の3カ国の大会に参加しました。中国も韓国も大きい選手が多くて、僕は日本では大きいんですけど、世界に行ったら小さいんだなという実感が初めて身に染みて分かりました。スタートに選ばれてもおかしくないと自分では思っていたのですが、使ってもらえなくて悔しい経験もしました。それで自分に何が足りないのかと考えたら、やはり他のセンターと比べてフィジカルがなかったり、そういうプレーを得意としていなかったので。最近は洛南でどうプレーするべきかを考えるのですが、やはり中で頑張ることが大事だと思います。将来的には外でやってみたい気持ちがありますが、今は我慢してインサイドの仕事を頑張ります。

──卒業後の進路についてはどんな希望を持っていますか。

津田 大学に行きますが、その後はBリーグに挑戦したいと思います。

大橋 僕はアメリカに行きます。とりあえずプレップスクールか専門学校に行って、ディビジョン1を狙っていきます。僕はクリス・ポールみたいなアシストも得点もできる選手を将来目指しています。もっとドリブルも強くついたりパスをもっと早くしたいなど、そういうところを今から磨いているので、アメリカでも通用するスキルを身に着けたいです。あとは英語も勉強しているのですが、そっちのほうが難しいですね(笑)。

津田 ホンマに頑張ってますよ。ずっと勉強しています。僕はぼちぼちですが、バスケ部はまあ勉強も頑張っているほうだと思います。

大橋「守るんじゃなくて攻めるディフェンスを」

──今年のチームの強みを教えてください。

大橋 洛南高校伝統のディフェンスが今年のチームは一段と強いと思います。洛南のディフェンスは守るんじゃなくて攻めるディフェンスと吉田先生からも言われていて。オールコートでプレスをかけたりして、そこからの速攻は去年に比べて断然に強いはずです。そのプレーを生かして他のチームを倒して、優勝を目指していきたいと思います。

──ウインターカップではどんなプレーを見せたいですか?

大橋 洛南高校は攻めのあるディフェンスで速攻を武器にして頑張っているので、僕自身も得点を取りつつ、見ている人を魅了できるようなパスや速攻で頑張っていくつもりですので、是非応援よろしくお願いします。

津田 洛南の伝統的なディフェンスであったりオフェンスのセットプレーもあるんですけど、今年は気持ちが強い選手が多くて、ハッスルプレーだったりガッツのあるプレーが多くて、そういったところを見ていただけたらうれしいです。

──2人一緒にプレーする長い歴史に、良い結果で幕を引きたい感じですね。

大橋 そうですね。最後なんで(笑)。