ブレイク・グリフィンが左ひざを痛めて2カ月アウト、クリッパーズに試練

2017/11/29
NBA&海外
60

写真=Getty Images

味方と接触して転倒、古傷の左ひざを痛める

クリッパーズがピンチに立たされている。27日のレイカーズ戦、第4クォーターにルーズボールを取りに行ったブレイク・グリフィンがチームメートと衝突。オースティン・リバースともつれるようにして倒れた際に左のひざ内側側副靭帯を痛め、そのままプレー続行不能となった。『ESPN』によれば、2カ月間の戦線離脱を強いられることになる見込み。

グリフィンは今シーズンここまで平均35.8分プレーし、23.6得点、7.9リバウンド。パワーフォワードのポジションはサム・デッカー、ウェスリー・ジョンソン、モントレズ・ハレルで新たにローテーションすることになるが、スタッツだけでなくクリス・ポールが去ったクリッパーズでチームリーダーの役割も果たしていただけに、グリフィンの長期離脱は大きな痛手だ。

グリフィンは5度のオールスター選手という実績があり、リーグトップクラスの実力を持つフォワードではあるが、毎年のようにケガに悩まされている。9連敗の後に3連勝し、ようやく波に乗ってきたクリッパーズにとっても試練の時となる。