天皇杯3次ラウンドが終了、全国8会場での熱戦の末に男女のベスト8が出揃う

2017/11/27
Bリーグ&国内
160

写真=©JBA

ファイナルラウンドは年明け1月4日に開幕!

第93回天皇杯3次ラウンド。昨日、男子は6回戦が行われ、全国の8会場でベスト8進出チームが決まった。

栃木ブレックスは滋賀レイクスターズと対戦。滋賀の堅守に苦しみ、第3クォーターを終えて40-45とロースコアゲームで5点のビハインドを背負う展開となったが、最終クォーターに逆転。残り9秒で、滋賀は決めれば逆転のオフェンスを並里成に託すも、栃木はこれを阻んで1点差で逃げ切った。シュートタッチに苦しみ得点が伸びず、必ずしも栃木の望む展開ではなかったものの、代表で不在の竹内公輔の穴を落合知也が埋め、我慢比べの末に勝ち切った。

茨城ロボッツは前日にサンロッカーズ渋谷を破り、この日は新潟アルビレックスBBに挑戦。SR渋谷戦に引き続きチーム一丸の堅守をベースに接戦を演じるも、ダバンテ・ガードナー35得点と城宝匡史16得点、B1でも屈指のスコアラーを止めることができずに70-75で敗れ、2日連続のアップセットとはならなかった。

京都ハンナリーズはアルバルク東京と対戦。終盤までクロスゲームが続いたが、勝負どころでジュリアン・マブンガ、ジョシュア・スミスが決定的な働きを見せて勝ち切った。京都は立ち上がりからエナジー全開で挑み、A東京はこれをよく迎え撃ったが、代表に3選手を送り出して選手が8人しかいない影響があり、さらには連戦とあって難しい状況だった。

また女子は5回戦が行われ、JX-ENEOSサンフラワーズ、トヨタ自動車アンテロープスなど強豪チームが順当に勝ち上がっている。これで男女の8強が出揃い、年明け1月4日から7日にさいたまスーパーアリーナで行われる『ファイナルラウンド』を戦う。


天皇杯3次ラウンド(男子) 11月26日の結果
横浜 70 - 89 千葉
福岡 55 - 71 琉球
京都 70 - 66 A東京
北海道 67 - 85 三河
滋賀 57 - 58 栃木
西宮 82 - 65 愛媛
新潟 75 - 70 茨城
秋田 67 - 84 川崎

天皇杯3次ラウンド(女子) 11月26日の結果
愛知学泉大学 59 - 97 JX-ENEOS
アイシンAW 60 - 40 秋田銀行
山梨 61 - 98 富士通
日本経済大学 67 - 92 シャンソン
大阪人間科学大学 49 - 88 デンソー
新潟 51 - 80 三菱電機
日立 65 - 77 トヨタ紡織
鶴屋百貨店 48 - 107 トヨタ自動車