浮上のきっかけをつかみたい西宮ストークス、土屋アリスター時生と2度目の特別指定選手契約を締結

2017/11/14
Bリーグ&国内
323

写真=B.LEAGUE

B2優勝という貴重な経験を生かせるか

西宮ストークスが土屋アリスター時生と特別指定選手契約を締結した。

現在大阪教育大学4年生の土屋は198cm88kgのセンタープレーヤー。イギリス生まれ西宮育ちの彼は、昨シーズンも特別指定選手として西宮に在籍した。当時大学3年生でありながら17試合に出場し、平均7.1分、1.7得点、1.1リバウンドの数字を残した。また西宮の初代B2チャンピオン優勝の瞬間に立ち会い、貴重な経験を積んでいる。

土屋はクラブの公式ホームページで以下のようにコメントしている

今シーズンも西宮ストークスの一員としてプレイできることを大変嬉しく思っています。先シーズンはご声援ありがとうございました。昨年とはレベルの違うB1という舞台ですが、チームに貢献できるよう真摯に取り組みますので今年も応援よろしくお願いします」

「レベルの違うB1」とコメントしたように、フィジカルや戦術レベルが1段階上がるB1の舞台でどこまで通用するかが試される。だが昨シーズンと一緒のチームでプレーをしたという経験は必ずプラスに作用されるはずだ。

西宮は4勝11敗で西地区4位、現在4連敗中と苦戦が続いているが、土屋の獲得を起爆剤とし、浮上のきっかけをつかみたいところだ。