「馬鹿なことをしてしまった」マウスピースを投げつけたステフィン・カリー、罰金を科されるも出場停止は回避

2017/10/24
NBA&海外
31

写真=Getty Images

「僕が誰のためにプレーしているのか覚えておいてほしい」

敵地でのグリズリーズ戦に敗れたウォリアーズ。敗れたことよりも、ステフィン・カリーとケビン・デュラントの両エースが揃って退場処分を受けたことが大きな痛手だった。

カリーは残り43.1秒にドライブからレイアップをねじ込んだ際、審判がグリズリーズのファウルを取らなかったことに抗議。マウスピースを投げつけて退場となった。デュラントはそのカリーをなだめながらも審判を侮辱する発言があったとして退場。特にカリーには出場停止処分が科される可能性があったが、リーグからの処分は罰金5万ドル(約550万円)のみ。マウスピースについては怒りに任せて投げたものの、当てるつもりはなかったとして出場停止は科されなかった。

またアンドレ・イグダーラも必要以上の抗議をしたとして1万5000ドル(約170万円)の罰金を科されている。一方でケビン・デュラントに処分はなかった。

グリズリーズ戦の終了後、シャワーを浴びて頭を冷やしたカリーは「馬鹿なことをしてしまった。チームに迷惑をかけた」と謝罪。同時に「僕のポケットはだいぶ軽くなるだろうね」と苦笑しつつ軽口を叩いた。そして翌日には「言い訳はしない。僕が誰のためにプレーしているのか覚えておいてほしい」とツイートしている。

彼にとってもチームにとっても、出場停止処分を免れたのは幸いだった。