カリフォルニア北部で続く大規模火災救済にクレイ・トンプソンが動く、今後ホーム3試合で『1得点1000ドル』を寄付

2017/10/22
NBA&海外
30

写真=Getty Images

ラプターズ、ウィザーズ、ピストンズのホーム3連戦が対象

カリフォルニア北部ソノマ郡で発生した山火事は大きな被害をもたらした。ウォリアーズの本拠地オークランドからほど近いエリアで40人以上の死者を出し、約9万人が避難する事態に、ウォリアーズのクレイ・トンプソンが立ち上がった。

トンプソンは公式Twitterアカウントに、今後ホームでの3試合で1得点につき1000ドル(約11万円)を『ノース・ベイ火災救済基金』に寄付することを明かしている。

トンプソンは動画内で「この2週間、カリフォルニアは大規模な山火事の被害に遭っている。これからのホーム3試合で、1得点につき1000ドルを寄付することを約束するよ」と語った。

ロケッツとの開幕戦で16得点を記録したトンプソンは、その気になれば1クォーターだけで二桁の得点を決められるスコアリングマシーンだ。球団を支えてくれているベイ・エリアにも被害を及ぼしている災害だけに、10月25日のラプターズ戦から始まるホーム3連戦(ラプターズ、ウィザーズ、ピストンズ)では大爆発し、3試合で100得点以上を挙げてトータル10万ドル(約1100万円)超を寄付するつもりなのではないだろうか。

この思いに賛同するチームメートが普段よりも多くパスをトンプソンに供給すれば、アッと驚く『トンプソン劇場』が見られるかもしれない。