レイカーズに加入した『ゴールデンルーキー』のロンゾ・ボール、足首の捻挫によりプレシーズン残り試合を欠場する可能性も

2017/10/09
NBA&海外
21

写真=Getty Images

クリッパーズとの開幕戦には間に合う予定

レイカーズに加入したロンゾ・ボールが、足首の負傷によりプレシーズンゲーム残り試合を欠場する可能性が浮上した。

レイカーズは10月8日にキングスとのプレシーズンゲームを行なったが、ボールは欠場。ヘッドコーチのルーク・ウォルトンは、キングス戦前にボールの状態について「悪化はしていない。ただ、ケガをした翌日の練習で足を引きずっていた。その時は最後まで練習に参加させたが、翌日に痛みがあるようだったので、状態が良くなるまで練習させないことを決めた」と説明した。

ボールは10月2日のナゲッツ戦で左足首を捻挫し、その後コートに戻ることはなかった。

『LA Times』によれば、ボールは制限つきながら練習に参加できているため、復帰までに時間がかかるほどのケガではないと推測できる。19日に行なわれるクリッパーズとの開幕戦までに実戦経験を積めないのは痛いが、まずは健康な状態を取り戻すことが先決。足首の負傷は慢性化するケースも多いため、レイカーズには慎重な判断が求められる。