『アボカドアレルギー』で危機一髪だったアンドレ・ドラモンド「過去最悪の経験」

『アボカドアレルギー』で危機一髪だったアンドレ・ドラモンド「過去最悪の経験」

2019/12/14

アンドレ・ドラモンド

「アボカドは入っていないと店員は言ったんだ」

12月12日、メキシコでNBAの試合が行われ、マーベリックスが122-111でピストンズを破った。

アレナ・シウダ・デ・メヒコでの試合は無事に終わったのだが、ピストンズのアンドレ・ドラモンドは出場が危ぶまれた。結局、試合に出場したドラモンドは、34分25秒のプレーで23得点15リバウンドと、いつもと変わらぬ『ダブル・ダブル・マシーン』ぶりを発揮。しかし、試合後に彼が『The Detroit News』に話した事の顛末を聞けば、危険な状況だったことが分かる。

友人と食事をするためにメキシコシティーのレストランに入ったドラモンドは、魚介類をマリネしたセビチェを注文した。彼はアボカドアレルギー持ちで、一緒にいたスペイン語を話せる友人に、アボカドが入っていないかを店員に何度も確認したという。

「セビチェにアボカドが入っていることが多いのは知っていたから、スペイン語が話せる友人に4回も確認してもらったんだ。運ばれてきた料理が緑色だったから、それでもう一度確認したんだけど、アボカドは入っていないと店員は言ったんだ」

「食べ始めてから4分後、喉が締めつけられるように痛み、全身がかゆくなって、涙が止まらなくなった。これまでにも何度かアボカドによるアクシデントを経験しているけど、今回は過去最悪だった」

一般的に、ゴム手袋などに触れると痒み等の症状が現れるラテックスアレルギーを持っていると、アボカド、キウイ、バナナにもアレルギー反応が出ることあると言われている。ドラモンドにとっては「過去最悪」の症状だったのだろうが、深刻な事態にならなかったのは不幸中の幸いだった。

RECOMMEND