篠山竜青が語るバスケ部時代vol.2「中学の時はかなりモテたと思います(笑)」

篠山竜青が語るバスケ部時代vol.2「中学の時はかなりモテたと思います(笑)」

2020/01/02

篠山竜青

『バスケット・グラフィティ』は、今バスケットボールを頑張っている若い選手たちに向けて、トップレベルの選手たちが部活生時代の思い出を語るインタビュー連載。華やかな舞台で活躍するプロ選手にも、かつては知られざる努力を積み重ねる部活生時代があった。当時の努力やバスケに打ち込んだ気持ち、上達のコツを知ることは、きっと今のバスケットボール・プレーヤーにもプラスになるはずだ。

PROFILE 篠山竜青(しのやま・りゅうせい)
1988年7月20日生まれ、神奈川県出身。気迫溢れる激しいディフェンスを持ち味とし、その明るい性格とリーダーシップで日本代表のキャプテンを務めた。プレーだけでなく、抜群のワードセンスで観客を魅了するBリーグ屈指の人気者。

「旭中学校の3年間は一つ大きな転機になった」

ミニバス時代に、なんどもお母さんに辞めたいと相談しましたが、最後にバスケットを辞めたいと言ったのが小学校6年生の時です。6年生まで言っていましたね(笑)。

6年生になった時、5年生で試合にバンバン出ていたのは僕だけだったので、自分からキャプテンをやるって言わなかったらめっちゃ怒られるんだろうなって思い、キャプテンに立候補したんです。そうしたら低学年のミスでも「それはキャプテンのミスだ」とすごく怒られて、「そんなキャプテンだったら辞めちまえ」みたいに言われて。なりたくてキャプテンになったわけじゃないので、もう辞めますってお母さんに言いました。その時はキャプテンが辞められるわけないじゃない、って諭されました。でも、バスケを辞めて放課後にみんなと遊んでいたいなって思いはずっとありましたね。それは今もあります(笑)。

その後、地元の旭中学校に進学しました。僕が1年生の時は区の2回戦で負けてそこまで強くなかったんですけど、僕が入る2年前ぐらいに、県協会でも上の方で、ジュニアオールスターのコーチとかもやっている有名な先生が赴任してきたんです。それでチームも強くなっていました。

本当は旭中に行くつもりはなかったんです。でも小学校の最後の一番大事な試合で負けてミニバスを引退した日の夜に、「もうこういう思いをしたくないんだったら、旭中に行った方がいいんじゃないの?」って親に言われて、「じゃあ、行く」って言っちゃったんですよ。だから、上手くレールに乗せられているというか。でも、旭中学校の3年間は僕のバスケ人生の中で一つ大きな転機になったと思います。

篠山竜青

「将来はトップリーグでやっていけるかもしれない」

練習の中で一番大事にしていたのが、ファンダメンタルの部分でした。そして先生が言っていたのが、各カテゴリーにおいて絶対にやらないとけない、徹底していないといけないファンダメンタルがあるということでした。ミニバスならミニバスのファンダメンタルがあって、その上に中学校3年間でのファンダメンタルが絶対にあるから、それを習慣にして、無意識にできるようにならないといけないと口酸っぱく言われていました。

だから練習もめちゃくちゃ基礎的でした。でも、ジュニアオールスターの県の選考会に行った時に、基本的なハンドリングとか、もらい足とか、ピポットの踏み方とか、できない人ってこんなにできないんだってその時初めて気づいたんです。榎が丘小と旭中でやってることって間違っていないんだなって。それはすごく自信になりました。

その3年間で基礎的なことをやって、それにプラスして自分のイマジネーションを磨きました。こうしたら点が取れるとか、こういうパスをしたらいいって、心と身体がフィットしていった感じです。すごく自信がついた3年間だったので、中学校ぐらいで将来はトップリーグでやっていけるかもしれないって思いました。

2年生の時は県でベスト8。3年生の最後の夏の全中は県で準優勝で関東大会でベスト16まで行きました。ジュニアオールスターは決勝トーナメントの一発目で大阪に負けました。でも、優勝した大阪と一番の接戦をしたのが神奈川でした。僕も20点ぐらい取って、いろんな県の選手とプレーして、決勝も見て、「この年代だったら自分はもしかしたらトップの方にいるのかな」と初めて感じたのは覚えています。

篠山竜青

「僕のプリクラが売買されているという噂」

30点とか40点は取ったことがありませんが、いつも20点ぐらいは取っていたし、アシストもめちゃくちゃたくさんしていたと思います。毎試合ダブル・ダブルみたいな感じでしたね。カッコ良いって思われたかった(笑)。中学生だとワンマンチームもあって、一人で40点、50点取って勝つチームもありましたが、そこにあまり魅力を感じず、全部できる人がカッコイイって思っていましたし。

中学の時はかなりモテたと思います(笑)。中学生なので外練があるじゃないですか。ウチは校庭にリングがあったので、外周とかではなく外でバスケの練習をしてたんです。その砂のコートでピボットの練習とかをガンガンやっていたんですが、その練習を見に他校の生徒が来てました。あれは絶対に僕を見に来てたと思います(笑)。

あとプリクラがちょうど出始めた時期で、僕のプリクラが隣の中学校で売買されているっていう噂が回ってきて、これはモテてるなと(笑)。でも、ちょうど日韓ワールドカップの時期だったので、学校ではサッカー部がモテてました。

RECOMMEND