比江島慎、Bリーグオールスター@北海道の意気込み「ファンの方を楽しませたい」

比江島慎、Bリーグオールスター@北海道の意気込み「ファンの方を楽しませたい」

2019/12/06

比江島慎

4年目を迎えたBリーグは、『B.LEAGUE ALL-STARGAME 2020 IN HOKKAIDO』を2020年1月18日に北海きたえーるで開催する。1年目は代々木第一体育館での開催だったが、その後は熊本、富山と地方のバスケ人気の高まりに一役買っているオールスターは、今回は札幌での開催となった。

12月2日、その出場選手が発表され、ファン投票により決まったスタメンの10選手が会見に出席した。この会見を終えた『B.BLACK』の比江島慎に、北海道の好きなところ、自身にとっての『スター選手』とは何かを聞いた。最近は試合終了後のマイクパフォーマンスでも存在感を見せているが、オールスターゲームではプレーで魅了したいと意気込みを語っている。

「北海道のジンギスカンはやっぱり違います」

正直、北海道は試合でしか行ったことなくて、だから観光で行ってみたい場所とかもよく分からないんですよ。でも自然は大好きなので、寒くない時期に北海道の自然を見て回りたいです。

楽しみなのは食事ですね。寿司かジンギスカン。僕は甲殻類アレルギーですけど魚は大丈夫なんです。実際のところ、寿司の違いは僕には分からないですけど(笑)、ジンギスカンは分かります。北海道のジンギスカンはやっぱり違います(きっぱり)。

子供の頃にあこがれたスターは、バスケ選手にはいないんです。子供の頃はバスケをやっていても、NBAも日本のバスケも試合を見に行くことはなかったので。プロ野球は好きだったので、地元のダイエーホークスを応援していました。僕が子供の頃って、ダイエーがめちゃくちゃ強かった時なんですよ。だから工藤公康さんが一番ですね。松中信彦さん、秋山幸二さん、井口資仁さんとか、みんな好きでした。

オールスターに出場すると言っても、自分をスターだとは思っていないですけど(笑)、でも子供たちに夢を与える、あこがれられる存在だという自覚は持たなきゃいけないと思っています。大河(正明)チェアマンがおっしゃっていましたが、富山でオールスターや代表戦があった後、富山の子供たちの「将来なりたい職業」のNo.1がバスケ選手になっているそうなので、もっともっとそうなるように自分も頑張らなきゃいけないと思います。

オールスターは独特の雰囲気になると思うので、ファンの方を第一に楽しませることを考えたいです。歌? できればそっちで目立つんじゃなく、プレーで魅了します!(きっぱり)

RECOMMEND