金丸晃輔、Bリーグオールスター@北海道の魅力を語る「やっぱり寿司が全然違う」

金丸晃輔、Bリーグオールスター@北海道の魅力を語る「やっぱり寿司が全然違う」

2019/12/05

金丸晃輔

4年目を迎えたBリーグは、『B.LEAGUE ALL-STARGAME 2020 IN HOKKAIDO』を2020年1月18日に北海きたえーるで開催する。1年目は代々木第一体育館での開催だったが、その後は熊本、富山と地方のバスケ人気の高まりに一役買っているオールスターは、今回は札幌での開催となった。

12月2日、その出場選手が発表され、ファン投票により決まったスタメンの10選手が会見に出席した。この会見を終えた『B.WHITE』の各選手に、北海道の好きなところ、自身にとっての『スター選手』とは何かを聞いた。どの選手も札幌での『バスケの祭典』に心躍らせる一方で、金丸晃輔は北海道での食事も、大いに楽しみにしている。

スター選手というのは「すげえ!」って思わせられる選手

選ばれて当然? いやいやいや、全然そんなことは思ってないです(笑)。最多得票とか信じられないです。途中経過は二度見しましたもん。「マジで?」みたいな。

北海道はご飯が美味しいのが一番ですよね。試合で行くたびに何かしら必ず美味しいものを食べているイメージです。行く前から「何を食べようかな?」みたいなところがあります。やっぱりお寿司ですね、全然違います。北海道に住んでいる知り合いが美味しいお店を知っていて、連れて行ってもらったりするので、北海道は行くたびに楽しんでいます。試合じゃなくても行ってみたいんですけど、なかなか。僕は川釣りをするので、海釣りの方は知ってる魚がいないんですよね。

僕の中でのスターと言うか、プロになった時から目標にしていたのが折茂さんです。学生の時にやっていたプレーが通用しなくて壁に当たった時に、折茂さんのプレーを見て勉強させてもらいました。見ているうちに「すごい」とどんどん思うようになって、目標になりました。

子供の頃は、もともと野球をやっていたので野球選手にあこがれました。中でも石井一久選手ですね。結構ゆるキャラじゃないですか。やる気がない感じなのに、すごい球を投げて結果を出すのを「すげえ!」って見てました(笑)。僕も闘志をむき出しにするタイプじゃないので、似たような部分があるのかなって勝手に思っていましたね。だから石井選手の野球への考え方とか取り組みが気になって、本を買って読んだりしました。

僕の中でスター選手というのは「こんなことできるの!?」とか「すげえ!」って思わせられる選手です。僕ですか? いやいや、そう思ってくれる人がいたらうれしいですけど、自分のことをスターとは思わないですよね(笑)。

RECOMMEND