早稲田大学のユニバ代表コンビ田中真美子&中田珠未(後編)「早稲田で大学日本一になって、もう一度ユニバへ!」

2017/09/15
日本代表
1267

文=丸山素行 写真=古後登志夫

先日、台湾で行われたユニバーシアード競技大会で、過去最高位タイ、50年ぶりとなる銀メダルを獲得した女子ユニバーシアード日本代表。早稲田大3年の田中真美子と2年の中田珠未は、この偉業達成に大きく貢献した大学生選手だ。代表から早稲田大に戻って秋のリーグ戦を戦う2人に話を聞いた。

早稲田大学のユニバ代表コンビ田中真美子&中田珠未(前編)
「もともと早稲田自体が『自分たちでやる』というイメージ」

ユニバで学んだ先輩たちのコミュニケーション能力

──先日行われたユニバーシアード競技大会では、50年ぶりとなる銀メダルを獲得しました。貴重な経験になったと思うのですが、具体的に得られたのは何ですか?

中田 プレーどうこうより、プロの方たちと一緒のチームでやったことで、意識の高さを学びました。早稲田大学に入って自主性がすごいなって思ったけど、それをさらに超えていました。声掛け一つにしてもすごくて。

田中 2週間くらいしかいなかったけど、一つのチームになれたんです。それはプロの人たちのアプローチのおかげだったと思いました。

中田 もちろん2メートルの選手とマッチアップした経験も大きかったです。でもチームを作っていく上で、人として尊敬できる部分をたくさん学び、プレーよりもそういうところをすごく考えさせられました。

──別々の環境から集まった選手を一つのチームにする術を、プロの選手たちが持っていたんですね。確かにユニバの代表合宿などを見ても、チームの雰囲気が良かったですよね。

田中 優しいんですよね先輩たちが!

中田 コミュニケーションを取ってくれて楽しかったです。藤岡(麻菜美)さんなんてA代表に入っていたから、4カ国対抗からと合流が遅かったのに、自分たちの得意なプレーもすぐ分かってくれて誘導してくれました。

田中 そう、「さすがネオ様!」って(笑)。

田中「美人揃いって記事が出て『どうした!?』って(笑)」

──ちょうど藤岡選手のコートネームが出ましたが、2人のコートネームを教えてください。

田中 リアです。由来はチームに夢を与える選手になってほしいということです。「夢=dream」の間の「rea」のスペルを取って。「レア」だと「メア」さんが先輩にいてわかりづらいので、「リア」でいいやみたいな。

中田 私は「アコ」です。「accomplishment」っていう単語があって、貫徹っていう、徹底してやりとげるっていう意味があるんです。そういう選手になってほしいっていう意味があって、真美子さんの代からつけてもらいました。1個上がつけるんです。

──ちなみに今日の取材の下調べをしていたら「かわいい」という声がSNSに多数ありました。そういう声は意識しますか?

中田 照れます(笑)。でも全然ないですね。

田中 この前、『U-24は美人揃い』って記事が出て「どうした!?」って(笑)。

──やっぱり悪い気はしないですよね?

田中&中田 普通にうれしいです!

中田「私たちの成長していく様子を見てほしい」

──ユニバが終わって、バスケットボール選手としての次の目標は何でしょうか?

田中 次のユニバにも入りたいです。それを目指して今はやっています。

──A代表ではなくてですか?

田中 はい?(笑) プロに入ることができたら、1年目でユニバには入りたいなと思ってます。あと今はリーグ戦をやっているので、まずは日本一になりたいです。

中田 チームで日本一になりたいし、自分にはあと2回ユニバのチャンスがあるので選ばれたいです。少しずつそういう経験をし続けていけたら、A代表につながるんじゃないかと思います。

──直近の目標は大学バスケで日本一ということですね。では最後に大学女子バスケファンにメッセージをお願いします。

中田 今回ユニバの代表12人中6人が学生でした。ユニバも結果を出したし、世界にも通用するようになってきているので、そこを見てほしいです。今回のユニバは台湾での開催でしたが、台湾のバスケ人気がすごかったんです。何で日本はこんなにバスケ人気ないんだろう、って。だから盛り上げていきたいです。

田中 台湾ではお客さんの盛り上げる声がすごかったです。女子の試合に男子が見に来ることはなかなかないとは思いますが、お客さんが多いほうが楽しいし盛り上がるので、是非見に来てほしいです。

中田 どのカテゴリーでも女子バスケは結果を出してきました。A代表だけがワーってなるんじゃなくて、私たちの成長していく様子を見てほしいので、大学バスケにも来てほしいです!