ラッパーの顔を持つデイミアン・リラード、開幕に向けた準備と並行してセカンドアルバム制作のため1日に12時間を費やす

ラッパーの顔を持つデイミアン・リラード、開幕に向けた準備と並行してセカンドアルバム制作のため1日に12時間を費やす

2017/08/20 12:00

写真=Getty Images

午前中は練習、午後から深夜までスタジオワークの日々

『Dame D.O.L.L.A.』の名前でプロのラッパーとしても活動しているトレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが、驚きのオフを過ごしていることが分かった。

2枚目のアルバムを製作中のリラードは、1日に12時間もスタジオにこもって作業をこなしている。

『ESPN』によれば、アルバムの発表時期は決まっていないが、この最新作には、人気ラッパーのリル・ウェイン、クリスティーナ・アギレラやビヨンセらをプロデュースしたスーパープロデューサーのスコット・シュトルヒらも携わっているという。

また、カリフォルニア州のサンタモニカに滞在しているリラードは、午前中に約2時間のワークアウトをこなし、午後の1時から深夜1時まで12時間近くスタジオでの作業に集中するスケジュールを1週間続けたとのこと。

オフ期間は完全に二足の草鞋を履いているリラード。来月から始まるトレーニングキャンプまでに、アルバムをある程度の形に仕上げておきたいのだろう。ラップもバスケットボールも、徹底的にやるのがリラード流だ。

RECOMMEND