早くもヒートに『バトラー・イズム』が浸透し、早朝4時から練習をする選手が増加

2019/10/04
NBA&海外
5125

ジミー・バトラー

「バトラーは信頼できるスーパースター」

今シーズンからヒートでプレーするジミー・バトラーは、午前3時半に起床し、練習場に向かうスケジュールを続けている。そして、バトラーと一緒に朝日が昇る前からワークアウトをこなすヒートの選手が続出しているという。

その内の一人、ルーキーのタイラー・ヒーローが『Miami Herald』にこう語っている。

「ジミーは早朝でも、まるで日中の練習かのように取り組むんだ。彼はとにかく勝利にこだわっていて、何事にも熱心な選手だよ。本当に良いチームメートで、周りが思うような性格の人間ではない。彼と一緒にやらせてもらえていることは、僕にとっても大きい」

オフにトレイルブレイザーズからヒートにトレードされたマイヤーズ・レナードも、バトラーの行動に触発された一人。

朝の6時過ぎに練習場に着いた彼は、自分が一番乗りだと思ってコートに向かうと、そこにはすでに汗だくになって練習しているバトラーの姿あったという。そして、リーダーにならい、レナードも3時半から練習を開始したことをTwitterに投稿した。

レナードは「若い選手と一緒に朝の練習に参加した。ジミーは、いつも準備万端で、みんなを引っ張っている。信頼できるスーパースターだよ」と、称賛している。

ヒーロー、レナード以外にも、ベテランのディオン・ウェイターズも午前4時からの練習に参加したという。

チームメートに自分と同じレベルの姿勢を求めるバトラーは、時に辛辣な言葉を仲間にも浴びせる。だがそれは、すべて勝利のためで、チームが成功を収めるために必要なことだと感じているからだ。

誰よりも自分に厳しく、自分の中のスタンダードを決して下回ることがないように努力を続けるバトラーの考え方は、着実にチーム内に浸透し始めている。