島根を引っ張る兄貴、山下泰弘&佐藤公威(後編)「ディフェンスで勝つチームに」

島根を引っ張る兄貴、山下泰弘&佐藤公威(後編)「ディフェンスで勝つチームに」

2019/10/01

山下泰弘&佐藤公威

2017年にB1昇格を果たすも、2017-18シーズンには11勝49敗と18チーム最下位の成績でB2へと逆戻りした島根スサノオマジック。1年で再昇格を果たしたが、ここからが本当の挑戦となる。キャプテンの役割は佐藤公威から新加入の山下泰弘へ引き継がれたが、この2人が若い島根に進むべき方向を示し、引っ張って行かなければ、B1残留を勝ち取ることは難しい。佐藤は熱血漢、山下は温和とタイプは異なれど、どちらも頼りになるリーダーだ。島根の浮沈を左右するキーマン、2人の『兄貴』にシーズン開幕へ向けた意気込みを聞いた。

島根を引っ張る兄貴、山下泰弘&佐藤公威(前編)「ベテラン選手のあるべき姿を」

佐藤「それぞれがプロフェッショナルな考え方を持つ」

──後編ではこれから始まるシーズンに向けた意気込みを聞かせてください。今シーズンの島根は厳しい戦いが予想されます。2人ともチームが異なりますが昇格も降格も経験してきて、今シーズンをどう戦い、どうやってチームを引っ張っていくつもりですか?

佐藤 とにかく残留しなければいけない。チームの将来、選手としての今後の人生においても、いろんな意味でこれ以上B2に落ちるわけにはいかないです。今の島根のスタイルとしてはオフェンスではなくディフェンス。どれだけ相手のやりたいことを抑えるかを強みにしないといけません。ディフェンスをとにかく頑張らないと勝ちには繋がらない。とにかく守ることです。

山下 僕はB3からB1まで経験させてもらって、日本人で言えば選手個々の能力の差はそこまでないと感じています。B3でもB1で活躍できる選手はいるし、B1の選手がB2で活躍できないケースもあるはずです。そんな中で戦って結果を残すためには、やっぱりチーム力。島根はビッグネームがいなくて若手が多いので、チーム力を高めていく中で若手の成長が島根の武器になっていかなければいけないです。

佐藤 ディフェンスをするにしても、フィジカルが弱かったら身体を作らなきゃいけないし、アジリティが問題だったら走り込まなきゃいけない。それぞれがプロフェッショナルな考え方を持たないと僕らは生き残ることができません。そうやってディフェンスをしっかりやれれば、さっき言ったようにオフェンスでシェアでできていることが生きてきて、その日のスターがきっと出てくると思うんですよ。そのためにも、相手チームを研究してディフェンスをとにかく頑張らないといけない。守れなかったら勝てないです。

山下 各々のスキルアップにチャレンジするのは当然として、フロントを含めた組織力、チーム力が向上していけば、必ず良いチームになると思います。

山下泰弘

山下「下を見るんじゃなく上を見てチーム力を高める」

──今シーズンのチームの目標はB1残留なのか、もっと上に置くのか、それともまた別の何かなのか。どこに目標を設定していますか?

佐藤 優勝って言いたいですけど、実際まだそれだけのものを残していないので。だから今はとにかく絶対にB1に残留するんだという気持ちです。B1からB2に落ちるのは本当に辛くて悔しい経験だったので、二度としたくないです。

山下 今はたまたまカテゴリーが分けられているんだと僕は考えています。もしかしたらB2にも、B3にも強いチームはいるかもしれない。だから僕らも今B1にいるからといって、B2やB3のチームより強いという保証は一切ないんです。「今がB1だから」という考え方はやめたほうがいい。どこのカテゴリーにいても目指すべきは常に上であるべきで、下を見るんじゃなく上を見てチーム力を高めていきたいです。

──常に上を目指す気持ちは個人でも必要ですよね。佐藤選手は35歳、山下選手は33歳とベテランの年齢ですが、例えば今回のバスケワールドカップを見て刺激は得られましたか?

山下 現実的に日本代表のことを考えれば若い選手に頑張ってほしいですが、そんな選手に負けないように僕もBリーグの中で争っていきたいです。

佐藤 本当にその通りです。僕らからすると、15年前に見てた世界と今のバスケ界は全然違って、こういう世界のために頑張ってきたという自負はあるし、やってきて良かったとも思います。ヤスが言ったみたいに、その日本代表選手とも試合で当然戦うので、そこは負けたくないです。

佐藤公威

佐藤「根本にあるべきものは負けたくない気持ち」

──年齢的には選手キャリアの終盤にいるか、差し掛かったか、というところだと思います。まだまだ終わりなんて全く考えていないのか、この1年でインパクトを残そうとか、どんな心境で今回の開幕を迎えますか?

山下 プロフェッショナルとして1シーズンごとに、目の前の試合を全力で戦って一つでも多く勝つところを見せないと、お客さんに失礼です。選手としての自分が長生きするために手を抜くだとか、楽な姿勢でやるつもりはありません。それと同時に1年でも長くプレーを続けたいという気持ちもあって、そこは矛盾するかもしれないんですけど、見ている人に失礼なところは見せたくないし、自分の持っている経験を島根に還元したい。そのために1年間頑張りたいです。

佐藤 僕は悔しい気持ちがなくなったり、負けても仕方ないと思うことがあったらすぐに引退するつもりです。もちろん、結果を出すために毎年やっていて、上手く行かなかった年もあるし、飛躍的に伸びた年もありました。でも、やっぱり根本にあるべきものは負けたくない気持ちで、それにプラスして身体が動くのであれば僕は挑戦し続けたいです。

──では最後になりますが、今シーズンの抱負をあらためて聞かせてください。

佐藤 今のところすごく良い雰囲気で練習できています。ただ、それが勝利に直結するわけではなくて、自分たちが求めていること、表現したいことができるかどうかが大事です。シーズンが始まればいろんなことを経験すると思いますが、チームがバラバラになることだけはないように結束して戦っていきたいです。

山下 今まで公威さんがまとめて引っ張ってきたチームのキャプテンになりました。正直、移籍して来て1年目でキャプテンに任命されるとは思っていなかったので少し戸惑ったのですが、公威さんが悪くてキャプテンを代わったわけではなく、ポジティブなバトンタッチです。公威さんから上手く引き継いで、このクラブができてからの歴史、かかわった選手やブースターさんの気持ちも考えて、この島根をもっともっと良いチームにして盛り上げたいです。

佐藤 プレーの面では、さっきも言ったようにボールシェアができてパスが回っている時は楽しいので、その勢いをまたタフなディフェンスへと繋げていきたい。そうなれば自分たちも楽しめるはずだし、そのバスケットで勝ちをもぎ取っていけるよう頑張ります。

山下 Bリーグになってからここまで、強いチームが関東に集まっているのを西にも持ってこれるように。全国いろんなところでバスケが盛り上がっているんだぞ、という形を作りたいです。その一つとして島根が頑張っている、地方のチームのお手本になれればと思います。

RECOMMEND