アジアカップを控えた女子日本代表がオランダに連勝、ベンチメンバーを含めた総合力を発揮し「良いチームになっている」

2017/07/09
日本代表
287

文=鈴木健一郎 写真=鈴木栄一

速攻を封じられるも堅固なディフェンスで優位に立つ

ウイングアリーナ刈谷にオランダ代表を迎えた国際強化試合の第2戦、女子日本代表は72-45で快勝し、2連勝を飾った。第1戦は12-0のランから始まり、そのまま日本が押し切る展開となったが、今日の第2戦はオランダが攻守の切り替えを早め、日本はパス1本でフィニッシュまで持ち込めるような展開をなかなか出せなくなった。それでも守備は昨日以上の出来。激しく当たるもギャンブルはせず、インサイドでのポジション争いも制して、相手に良い形を作らせない。

さらに目立ったのはセカンドユニットの奮闘だった。河村美幸が接触をモノともせずインサイドで積極的に勝負し、難しいジャンプシュートを連続で沈める。赤穂さくらも先発センターの大﨑佑圭が作った良い流れを引き継ぎ、サイズで上回る相手を激しい守備で沈黙させた。

35-20とリードして迎えた後半は、吉田亜沙美と町田瑠唯の同時起用などのテストも実施、なかなか得点が伸びなくはなったが、長岡萌映子がハッスルしてルーズボールに飛び込み、ファウルを誘ってマイボールにしたシーンでは会場中から拍手が起こり、日本の優位は動かなかった。

先発と控えを『5人総入れ替え』していた第1戦とは違い、この日の試合は『本番想定』のローテーションも実施された。昨日は先発組がプレーしなかった第4クォーターも、吉田から長岡の鮮やかなランニングプレーが飛び出し、水島沙紀のノールックパスから河村の得点が生まれるなど、多彩な攻めが見られた。守備でも終盤に強度をさらに上げ、最後まで手綱を緩めることなく72-45で勝ち切った。

「アジアカップの最終調整が昨日と今日でできた」

91-42と大勝した第1戦に比べれば少々控え目なスコアとなったが、指揮官のトム・ホーバスは「オフェンスは良くなかった。でも、他の部分は良かった」と収穫を口にした。

指揮官はまた若手の成長によるチームのレベルアップへの手応えも感じている。「ベンチメンバーはだいたい若い選手で波がありますが、少しずつ安心できるようになっています。アメリカとヨーロッパの遠征が勉強になって、ベンチの力が上がっている。良いチームになっていると思います」

キャプテンの吉田も「今日のゲームは、悪くないけどスッキリしない」と振り返りつつも、収穫についてこう語る。「ディフェンスから我慢してリバウンドを取って走る。これがアメリカ遠征、ヨーロッパ遠征を経て出せた部分。アジアカップの最終調整が昨日と今日でできたのは大きな収穫だと思います」

また吉田は、2日間のウイングアリーナ刈谷の雰囲気にいたく感激した様子。今日は三井不動産カップの締めくくりということでキャプテンとして観客に挨拶をし、会見でも「日本の皆さんの前でこうしてプレーできたことを幸せに思っています。その感謝の気持ちをアジアカップでプレーで表現して、結果を残して帰って来たい」と、ファンへの感謝を語るとともに必勝を誓った。

アジアカップは7月23日開幕。日本はアジア3連覇をかけてこの大会に挑む。