カズンズを失ったレイカーズ、代役候補のドワイト・ハワードと近日中に交渉か?

2019/08/19
NBA&海外
4648

ドワイト・ハワード

成立すれば2012-13シーズン以来の復帰

ドワイト・ハワードは左膝前十字靭帯断裂により2019-20シーズン全休が濃厚となったレイカーズのデマーカス・カズンズの代役候補と噂されている。そして、ハワードの代理人が、現在の所属先であるグリズリーズに他チームと交渉する許可を求めたと『ESPN』が報じた。

ハワードは、このオフにウィザーズからグリズリーズにトレードされたものの、グリズリーズと契約バイアウトを成立させてフリーエージェントになる見込み。グリズリーズも彼を戦力として計算していないだけに、他チームとの話し合いを拒む必要はない。

ハワードは、2012-13シーズンにレイカーズに所属し、平均17.1得点、12.4リバウンドを記録した。ただ、コービー・ブライアントと良好な関係を築くことができず、2013年の夏にロケッツに移籍。その後ホークス、ホーネッツ、ウィザーズに所属した。

現段階では、話し合いの末にレイカーズがハワードに正式なオファーを提示するかは分からないが、7年ぶりの復帰に向けて、一歩前進したと言える。