シーホース三河が3人目の外国籍選手となる33歳のミッケル・グラッドネスを獲得

2019/08/09
Bリーグ&国内
3695

ミッケル・グラッドネス

「チームをさらに強くすることに貢献します」

シーホース三河は今日、ミッケル・グラッドネスの獲得を発表した。

グラッドネスはアメリカ出身で現在33歳、身長211cmのパワーフォワード。アラバマA&M大学を卒業後、ヒートとウォリアーズで短期間ながらNBAでプレー。Dリーグで長くプレーした他、イタリア、スペインなど様々な国でプレーをしてきた経歴を持つ。

グラッドネスはクラブを通して「シーホース三河のチーム、選手、ブースターについてたくさんの素晴らしいことを聞き、この偉大なクラブに加わることに、とても興奮しています。強いこのチームに参加することを待ちきれません。チャンピオンシップで優勝するという共通の目標に向かい、チームをさらに強くすることに貢献します」とコメントを発表している。

三河は今オフに、昨シーズンの得点王ダバンテ・ガードナーを獲得しており、アイザック・バッツも残留が決まっているため、グラッドネスが3人目の外国籍選手となる。帰化選手の桜木ジェイアールに加えて3人の外国籍選手を擁する豪華布陣で、常勝軍団の返り咲きを目指す。