東京オリンピックの正式種目に決まった3人制バスケ『3x3』、JR・スミスは「カイリーなら間違いない」とアービングを推薦

東京オリンピックの正式種目に決まった3人制バスケ『3x3』、JR・スミスは「カイリーなら間違いない」とアービングを推薦

2017/06/12

写真=Getty Images

レブロン・ジェームズ「僕は向いているとは思わない」

先週末に3人制バスケットボールの『3x3』が2020年東京オリンピックの正式種目に採用されることが決まった。これを受けて、NBAファイナルを戦うキャバリアーズとウォリアーズの選手にも3x3の質問が飛んだ。

ファイナル第5戦を控えた緊張からしばし解放され、選手たちはおしゃべりを楽しんだようだ。

レブロン・ジェームズは「バスケットボールにとって素晴らしい決定だと思う」とコメント。「アメリカ代表の3x3チームがNBAプレーヤーを出すのか大学生プレーヤーになるのか、どうなるかまだ分からないけど、いずれにしても素晴らしいことだ」

それでも、3x3のアメリカ代表として日本でプレーするアイデアについては「自分が3x3に向いているとはあまり思わないな。僕は5対5のバスケの選手だからね」とやんわり否定。

JR・スミスはリップサービスも込みだろうが、レブロンと並ぶチームのエースであるカイリー・アービングを推薦した。「カイリーなら間違いない。1on1をさせたら現時点でもベストプレーヤーだからね。カイル(コーバー)も3x3に向いているだろうな。オフ・ザ・ボールの動きからキャッチ&シュート、すごい効果を発揮するはずだ」

ウォリアーズのドレイモンド・グリーンも3x3の正式種目採用を歓迎している一人。ただ、自分たちNBAプレーヤーが参加するのではなく、バスケの幅を広げる意味で価値があると考えている。「ストリートバスケで育った俺には分かるんだけど、今回の3x3はプロ選手じゃなくても参加できる競技だ。他の種目を見ていると、普段は別の仕事をしている選手がたくさん参加している。3x3はそんな感じになると見ていて、それは素晴らしいことだと思うよ」

5人制バスケットボールがそうであるように、3x3でも『チームUSA』は圧倒的な強さを誇るのだろうか。もし5人制と同様にNBAのスター選手を集めた『ドリームチーム』が結成されれば非常に魅力的なのだが、その可能性があるかどうか、今後の展開に注目したい。

RECOMMEND