ジャベール・マギー、キャブズからの挑発に大人の対応「ここはアメリカ、言論の自由がある」

ジャベール・マギー、キャブズからの挑発に大人の対応「ここはアメリカ、言論の自由がある」

2017/06/01

写真=Getty Images

「誰の発言か分からない以上、犯人探しもしない」

NBAファイナルで対戦するキャバリアーズの選手から、「ファイナルでプレーするには精神面の準備が整っていない」と挑発されたウォリアーズのジャベール・マギー。実際には、『ESPN』記者のデイブ・マクメナミンが伝えただけで、この発言の主が誰かは分かっていない。

それでもメディアは、ファイナル第1戦前日の会見で、マギーに今回の挑発的な発言についてのコメントを求めた。メディアとしたら、マギーが報復のコメントを出し、明日の第1戦に向け舌戦がさらにヒートアップして盛り上がることを望んだのだろう。もっともマギー本人は意外にも冷静で、大人な意見が返ってきた。

「言いたいことを言う権利はある。ここはアメリカ、言論の自由がある。それに、誰が言ったか分からない以上、ひょっとしたら挑発や侮辱的な意味はなかったのかもれしれない。実際に、そんなことを誰かが言ったかどうかさえも怪しい」

犯人探しはしない意向のマギーは、挑発行為がなくとも、頂上決戦に向け気持ちはすでに準備万端だと語った。「自分の気持ちに火を点ける必要なんてない。もう燃えているよ」

キャブズとウォリアーズによるファイナル第1戦は、日本時間6月2日、午前10時ティップオフ予定となっている。

RECOMMEND