新潟アルビレックスBBの象徴、五十嵐圭が契約延長「さらに上を目指して取り組む」

2019/07/07
Bリーグ&国内
2076

五十嵐圭

ガードナーが退団、立て直しに五十嵐の活躍は必須

新潟アルビレックスBBは今日、チームの象徴であるポイントガード、五十嵐圭との契約延長を発表した。

新潟県上越市出身の五十嵐は、Bリーグがスタートする2016年夏に地元のプロチームである新潟に加入。以後3シーズン、絶対的なポイントガードとしてチームを牽引してきた。今年39歳になったが、スピードも身体のキレにも衰えは感じられない。昨シーズンは大学時代から馴染みの深い柏木真介とバックコート・コンビを組み、2人ともに会心のプレーを連発。五十嵐はプレータイム(31.2分)、得点(11.5)ともに前のシーズンを上回り、新潟を初のチャンピオンシップ進出に導く原動力となった。

クラブを通して五十嵐は次のコメントを発表している。「昨シーズンは新潟アルビレックスBBにとって新たな一歩を踏み出せたシーズンになりました。新シーズンは更に上を目指して取り組んでいきたいです」

新潟は今オフにダバンテ・ガードナーが退団。絶対的な得点源を失ったことで新たなスタイルを構築しなければならないが、それだけに五十嵐と柏木のバックコートが安定していることが第一。昨シーズンの快進撃を一度限りで終わらせないために、勝負のシーズンとなる。