Bリーグ5月第2週の『BEST of TOUGH SHOT』、5つのスーパープレーを紹介

2017/05/18
Bリーグ&国内
164

Bリーグ5月第2週の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』が発表された。選出された5つの得点シーンを振り返る。

第5位 富樫勇樹(栃木vs千葉)
速攻から繰り出した富樫のターンアラウンドレイアップ。右サイドでボールを呼ぶ原修太と中央から走り込むタイラー・ストーンを目視し、2人がケアされてることを確認すると個人での突破を決意。左サイドに行くと見せかけて、ターンしながら利き手で放ったレイアップ。あわよくばファウルを獲得しようと身体を寄せることで、マークに付く須田侑太郎に両手を上げる以上の対応をさせず。難しいシュートだったがきっちりと沈めた。

第4位 渡邉裕規(栃木vs千葉)
第3クォーター残り2秒の場面。失点後の素早いリスタートからボールをプッシュする渡邉。富樫は速攻をケアしたことで渡邉をフリーにしてしまう。ハーフラインと3ポイントラインの中間あたりから放ったシュートがリングに吸い込まれ、栃木ブースターとベンチは総立ちに。第3クォーターを最高の形で終えた栃木は、勢いそのままに接戦を制し、セミファイナル進出を決めた。

第3位 伊藤大司(東京vs三遠)
2試合連続となる伊藤のブザービーター。1本目はハーフラインから放った超ロング3ポイントシュート。2本目はオルー・アシャオルと大石慎之介の厳しいマークを受け、体が左に流れながらも、手首をしっかり返して沈めた、文字どおりのタフなブザービーター。

第2位 ギャビン・エドワーズ(三河vs琉球)
レイショーン・テリーのレイアップをブロックしたエドワーズは、すぐさまオフェンスに参加するため走り出す。数的優位な状況で中央に走り込んだエドワーズはノーマークでダンクを叩き込んだ。ブロックショットからのダンクでプラスマイナス4点分のビッグプレー。

第1位 川村卓也(秋田vs横浜)
残留プレーオフ第3戦で生まれた衝撃のブザービーター。残り5秒、横浜2点ビハインドの場面で自陣からドリブルを始める川村。秋田は田口成浩、菅澤紀行、レオ・ライオンズがトリプルチームで川村を包囲する。それでも左45度付近の3ポイントラインで急ストップしたことで包囲の陣形が崩れる。ターンしてわずかなスペースから放ったシュートは、終了のブザーと同時にネットを揺らした。秋田からしたら、クラッチシューター川村を徹底的にケアして『打たせた』シュート。それでも結果からすれば『打たせる』ことさえしてはいけなかった。この一発で、この日に降格するチームが横浜から秋田へ入れ替わった、まさに『天国と地獄』を体現する瞬間だった。