サンズの若きエース、デビン・ブッカーが史上最年少で2試合連続50得点超え達成

2019/03/29
NBA&海外
4042

デビン・ブッカー

写真=Getty Images

22歳と148日での達成でリック・バリー超え

サンズのデビン・ブッカーが、NBA史上最年少での大記録を樹立した。

ブッカーは、59得点の大活躍を見せた3月25日のジャズ戦に続いて、3月27日のウィザーズ戦でも50得点10リバウンドを記録。22歳と148日での2試合連続50得点超えはNBA史上最年少で、ABAとNBAが統合後に2試合続けて50得点超えをマークした選手は、ジェームズ・ハーデン、マイケル・ジョーダン、コービー・ブライアント、バーナード・キング、アントワン・ジェイミソン、アレン・アイバーソン、ブッカーしかいない。

ブッカーは、121-124で敗れたウィザーズ戦後「コートに立てば、いつだってレベルアップする方法を見つけようと思うし、チームの勝利に貢献できるように努力している。負傷者も出ているし、自分がアグレッシブにプレーするタイミングだと思う」と語った。

ブッカーは、ウィルト・チェンバレン、これまでの2試合連続50得点超えの最年少記録(22歳と325日)を保持したリック・バリー、カリーム・アブドゥル・ジャバー、レブロン・ジェームズに次いで、25歳までにキャリア3度目の50得点超えを達成した史上5人目の選手という冠も獲得した。

9シーズン続けてプレーオフを逃したサンズは、来シーズンこそブッカーを軸とするチームで、10年ぶりのポストシーズン進出を果たしたいところだ。