バスケ日本代表はワールドカップでアメリカ、チェコ、トルコと対戦することが決定

2019/03/16
日本代表
28825

男子日本代表

文=鈴木健一郎 写真=野口岳彦

8月31日に開幕、グループEの試合はすべて上海で開催

今夏に中国で行われるバスケットボールのワールドカップの組み合わせ抽選が行われた。NBAのレジェンド、コービー・ブライアントの手により行われた抽選の結果、日本は1次グループでアメリカ(世界1位)、トルコ(17位)、チェコ(24位)と対戦することが決まった。グループEの試合はすべて上海で行われる。

1次グループは8月31日から9月5日まで行われ、グループ4チームのうち上位2チームが2次グループに進出。ここを勝ち上がった8チームが9月10日からの決勝トーナメントを戦い、9月13日に準決勝が、15日に決勝戦が行われる。

1次グループで3位以下になった場合も、17位~32位決定戦があるため大会は続くが、日本はまずは1勝を、そして1次グループ突破を目指すことになる。

世界ランキング48位の日本にとっては、対戦するすべてのチームが格上。アメリカは問答無用の世界最強チームで、プレーオフの結果による疲労や、フリーエージェントの選手は招集しないなどの『配慮』はあるにせよ、NBAで活躍するスター選手の参戦が期待される。またチェコはリオ五輪に向けた世界最終予選で完敗を喫し、オリンピック行きの可能性を潰された相手。強敵揃いのグループに入ったが、相手にとって不足なし。万全の準備を整えて世界に挑んでもらいたい。