デアンドレ・ジョーダンが2週間後の『ダンクコンテスト』出場要請を受けたことを明かす

2017/02/01
NBA&海外
177

写真=Getty Images

オールスター出場が決まり、ハワイでの休暇をキャンセル

2月に入り、NBAオールスター・ウィークエンドも近づいてきた。それぞれのイベントに出場する選手が発表され始めているが、オールスターウィークエンドを彩る名物イベント『ダンクコンテスト』出場者はまだ明らかにされていない。

先日、2年連続で『ダンクコンテスト』を制しているティンバーウルブズのザック・ラビーンが、リーグ後半戦に向けた休養を優先したいと出場辞退を正式に表明。昨年の大会でラビーンと大激闘を繰り広げたマジックのアーロン・ゴードンは出場に前向きと言われているが、その他の出場者に関する情報はない。

そんな最中、クリッパーズのデアンドレ・ジョーダンが『Orange County Register』に対し、NBAからダンクコンテスト出場の要請を受けたことを明かした。

ジョーダンは各チームのヘッドコーチによる投票でオールスターリザーブチームにも選出。本人はオールスターに出場することはないと判断し、期間中はハワイでバカンスを過ごすつもりだったそうだが、出場が決まって慌ててフライトをキャンセルしたそうだ。

ジョーダンは『ダンクコンテスト』出場要請を受けたものの、出場するかどうかはまだ決めていないという。最近の大会では、スピードに優れるフロントコートの選手が会場を沸かせることが多かった。もしジョーダンが出場すれば、2009年のドワイト・ハワード以来となるピュアセンターの出場になる。

ジョーダンが所属するクリッパーズは、ブレイク・グリフィンとジョーダンがクリス・ポールの浮き球から豪快なアリウープを頻繁に決めることから、『ロブ・シティー』と呼ばれている。

211cm120kgの巨体を武器にするジョーダンの大迫力のダンクショーなら、球宴の舞台でも映えるはず。せっかくハワイ旅行をキャンセルしたのだから、ダンクコンテストも全力で盛り上げてほしいものだ。