レイカーズ黄金期を支えたデレック・フィッシャー、空き巣被害に遭い5つの優勝リングすべてを盗まれる

2017/02/01
NBA&海外
507

写真=Getty Images

フィッシャーはレイカーズで3連覇を含む5回の優勝に貢献

コービー・ブライアントとともに2000年代のレイカーズ黄金期を支えたデレック・フィッシャーが、5つの優勝リングを含む金品を盗まれる被害に遭ったことが分かった。

『NBCLA』によれば、サンフェルナンド・バレーの自宅から奪われた金品の総額は、30万ドル(約3400万円)。『TNZ』は、現地1月30日の朝に強盗事件が起こったと伝えている。フィッシャーは朝の7時30分頃に外出し、3時間後に帰宅。自宅に入った瞬間、何者かに部屋を荒らされた形跡に気付き、警察に通報した。

フィッシャーはレイカーズ時代2000年からの3連覇、そして2009年からの連覇に貢献。2014年に現役引退後はニックスの指揮官に就任したが、成績不振を理由に2015-16シーズン途中に解任されていた。

コービーとともにレイカーズの全盛期を支えたフィッシャー。栄光の証であるレイカーズ時代の全ての優勝リングを盗まれてしまった。