ビクター・オラディポが右足大腿四頭筋腱断裂で今シーズン残り試合全休に

ビクター・オラディポが右足大腿四頭筋腱断裂で今シーズン残り試合全休に

2019/01/25 18:00

ビクター・オラディポ

写真=Getty Images

復帰後のプレースタイルに影響を及ぼす可能性

1月24日、ペイサーズは、前日のラプターズ戦で負傷交代したビクター・オラディポの検査結果を発表。同選手は、右足大腿四頭筋腱断裂により、今シーズン残り試合を欠場することが決まった。

ラプターズ戦の第2クォーター残り4分5秒、オラディポはパスカル・シアカムのディフェンスについた際、右ヒザで体重を支えられず、崩れ落ちるように倒れた。その場から動けず、担架でコート外に運ばれた。

ホーネッツのトニー・パーカーも2017年に同じケガを負い、復帰までに7カ月近くかかった。ペイサーズは、パーカーが復帰までに歩んだプロセスを参考にしながら、オラディポのリハビリ、トレーニングプランを立てると見られている。パーカーのケースを考えれば、来シーズン開幕に間に合うかもしれない。しかし、このケガにより、オラディポにとって最大の武器である身体能力を生かした爆発的なプレーが影を潜めてしまう可能性は否定できない。

ペイサーズの4シーズン連続プレーオフ進出は厳しくなったものの、今は球団の顔であるオラディポの完治を願うしかない。

RECOMMEND