[ウインターカップ・プレビュー]vol.14 県立那覇(沖縄)高野真由&山川美紅「チームに残って集大成に挑む3年生の覚悟」

2016/12/21
プレーヤー
289

文・写真=古後登志夫

バスケだけでなく進学校としても有名な県立那覇。『ベアーズ』(女子バスケ部の愛称)は強豪チームだが、3年生の大半はインターハイで引退し、受験の準備に入る。その中で2人だけチームに残った3年生、高野真由(左)と山川美紅(右)がウインターカップへの思いを語った。

高野真由「沖縄も強い、というところを見せたい」

──集大成となるウインターカップですが今の思いを聞かせてください。

3年生で残ったのは2人だけですが、他の3年生も試合を見てくれるし、沖縄県代表として行くので、負けたチームの分も頑張りたいと思います。

──どうしてチームに残ろうと思ったのですか?

私はケガで高校2年の1年間、バスケをやっていないんです。膝の前十字を切ってしまい、1年の正月から2年の冬まで休みました。去年のウインターカップはメンバーには入ったけど試合には出ていません。それに、自分たちの代のチームが全然勝てなくて、センターが私しかいなかったので、後輩に教えたりできませんでした。だからチームに残って後輩たちに何かを伝えられたらいいなと思いました。

──全国で戦ってきて、これまでに感じたことは何かありますか?

国体では全国5位になって愛媛とやったんですけど、愛媛は3位に入っているチームで、自分たちが思ってる以上に上位の壁は厚いなと思いました。それでも、国体の時やインターハイの時よりも成長してると思うので勝てると思います。

──ウインターカップに向けての抱負を教えてください。

沖縄は弱いと思われがちだと思うので、那覇高校が勝つことで「沖縄も強いよ」というところを見せたいです。

山川美紅「小さいセンターなので中と外で崩して貢献したい」

──沖縄には街中にリングがありますが、昔からやってましたか?

バスケットチームはあまりなかったのですが、公園には何個かリングがありました。子供の頃はそこで練習するとまではいかないですけど、学校が終わると毎日シュート打ったり、遊びでやっていました。

──やはりバスケをやる習慣があったんですね。どころで沖縄の人ってバスケの格好してる人が多いと思いますが、何か理由があるんでしょうか。

バスケの格好してるのがカッコいいって思ってる人が多いからです。コーチの経営してるお店の黄色の袋があって、中学生があれを持ってるとかっこいいと思ってる人が多いです。自分もバッシュ入れにしてます。

──休みの日もバスケをして遊ぶことはありますか?

中学生の頃まではあったと思いますが、ベアーズに入ってからは毎日練習がきついので遊びに行ったりする気力がないんです(笑)。練習終わったら帰ってご飯食べて寝て、次の日の練習に備えるという感じです。自分たちは全国では身長が小さいチームなので、ひたすら走る練習を、特にツーメンやスリーメンをやっていました。ディフェンスを中心として走るメニューが特に多いです。

──ウインターカップ出場に繋がった練習はありますか?

1年生の時から身体作りがあって、夏休みは毎日のようにずっときついメニューをやって、しっかりご飯を食べる「食トレ」もあったし、2部練もあって。ずっとバスケをしてる感じです。

──キツいけどバスケが好きで頑張ってきたんですね。

はい、でも辞めたいと思ったことは正直ありました。でも仲間がいたから支え合ったり、一緒に乗り越えてきました。自分一人ではできなかったことだし、今一緒に残ってくれてる(高野)真由がいてくれたから自分も今こうやってウインターカップに出場できるのだと思います。

──ではウインターカップの抱負を教えてください。

私はセンターをやってますが、小さいセンターなので足を生かしたいです。フォワードもできるので中と外で崩して、ドライブもスリーもセンタープレーもできるように、それでチームに貢献していきたいと思います。