京都精華学園を引っ張る2年生コンビの堀内桜花&八木悠香「インターハイの時以上にチーム一丸にならなければいけない」

京都精華学園を引っ張る2年生コンビの堀内桜花&八木悠香「インターハイの時以上にチーム一丸にならなければいけない」

2022/12/22 17:30
堀内桜花&八木悠香

堀内桜花と八木悠香は、ともに京都精華学園中から高校へと進み、1年生だった去年から先発を任されている。ポイントガードの堀内は抜群のセンスを持ったプレーメーカーで、八木は泥臭い仕事を引き受けるとともに留学生を警戒する相手ディフェンスのギャップを突くオールラウンドな能力の持ち主。昨年のウインターカップでは準優勝、今年のインターハイでは優勝と着実にステップアップしているが、2人は自信過剰になることなく、下級生ながら主力を任される責任感を背負ってウインターカップに挑む。

「言葉の奥には『生徒のために』という思いが詰まっている」

──まずは堀内選手の自己紹介と、八木選手からは堀内選手がどんな人かを教えてください。

堀内 京都精華学園、2年生の堀内桜花です。得意なプレーはドライブからのアシストです。今年の夏に足の疲労骨折で日本代表を離脱して、大会に出れないのは悔しかったですが、気持ちを切り替えてインターハイで頑張りました、好きな食べ物は……基本的に嫌いな食べ物がないので全部好きです。

八木 ディフェンスを自分に引き付けてノーマークを作って、ノールックでパスをくれます。普段はかなりの恥ずかしがり屋ですね。

──では、八木選手の自己紹介をお願いします。

八木 京都精華学園、2年生の八木悠香です。得意なプレーはリバンドを取ること、苦手なプレーは3ポイントシュートです。今年の夏のU16アジアカップとU17の世界大会に出ました、

堀内 4番ポジションをやっていて、留学生に負けないぐらいリバウンドを取ってくれるし、その後のブレイクでもしっかり走ってくれて、オフェンスでもディフェンスでもチームを引っ張ってくれます。でもバスケ以外になるとイジられキャラで、同学年からも後輩からもイジられまくってます(笑)。

八木 みんなめちゃくちゃイジってくるし、ツッコミも激しいんです……(笑)。

──京都精華学園は中高一貫です。中学から続けて6年間いることの良さはどこにありますか?

堀内 中学から一緒の人も高校からの人もいるんですけど、特に中学から一緒だとバスケ部はもちろん、サッカー部とか他の部活の人とも仲が良いので、学校生活が楽しいです。

──山本綱義コーチは厳しいコーチに見えますが、京都精華学園の校長先生でもあります。2人にとってはどんなコーチ、どんな校長先生ですか?

八木 選手一人ひとりに愛情があります。京都精華はAチームとBチームとかに分かれていなくて、全員が少なくとも1回はユニフォームを着たことがあります。山本校長先生は厳しいんですけど、怒るだけじゃなくその言葉の奥には「生徒のために」という思いが詰まっているのを感じます。

堀内桜花&八木悠香

リバウンドとルーズボールで「チームに勢いを与えたい」

──2人が高校生になっての2年間で、京都精華学園は着実に結果を出しています。ここまでで最も大きな思い出は何ですか?

堀内 去年はインターハイもウインターカップも桜花学園に負けたので、その悔しさが一番大きいです。今年はインターハイで勝っていますが、ウインターカップでは他のチームもレベルアップしてきていると思うから、桜花学園だけに意識を向けるのではなく、一つひとつの試合をしっかり戦っていきたいです。

八木 私も一番悔しかったのは去年のウインターカップの決勝で負けたことです。今年はインターハイで勝ったけどトップリーグで負けてしまって、ウインターカップで桜花学園ともう一回勝負する、という気持ちがあります。でも日本一になるためには桜花学園のことだけを考えるんじゃなく、チームがもう一回一丸となって頑張ろうという気持ちです。

──去年も今年も何度も対戦して勝ったり負けたりして、桜花学園とのライバル意識は相当大きいように思いますが、でも日本代表でチームメートになったりして、個人と個人ではどんな意識ですか?

八木 日本代表だと普通に仲が良くて、良きライバルという感じです。でもいざコートの中でとなると、同じポジションの深津唯生選手だったら、自分より1学年下ということもあって負けたくないです。

堀内 横山(智那美)さんはミニバスの時から何回も試合をしています。今回が最後の対戦になると思うので、最後は個人の勝負に勝って、チームとしても勝って終われるように頑張りたいです。

──ウインターカップではどんなところを頑張りたいですか?

堀内 アシスト王を狙ってプレーしたいですけど、チームとしてはディフェンス、ルーズボール、リバウンドが大事になります。私はガードにつくことになるので、まずはそこのディフェンスをしっかりやります。

八木 留学生もいる中で自分の仕事はリバウンドを取ることだと思っています。そのリバウンドだけじゃなくて、スタッツに残らないルーズボールとかでも頑張って、そこからチームに勢いを与えたいです。

堀内桜花&八木悠香

「自分のプレーでしっかり恩返ししたい」

──ウインターカップまであと少しです。チームとしてどんな部分を最後に強化すれば優勝できるでしょうか?

八木 ずばり、ディフェンス、ルーズボール、リバウンドですね。

堀内 インターハイで日本一になれたけど、それ以上の練習をしないといけないし、それ以上にチーム一丸とならなければいけないと思います。ウインターカップに向けて、最後にもっともっと上げていきたいです。

──ウインターカップに向けて、もちろん目標は優勝だと思いますが、個人として実現したいことを教えてください。

堀内 インターハイでは優勝できましたが、私はあまりチームに貢献できていませんでした。だからウインターカップでは自分の役割をしっかり果たしたいです。今年はケガをしてしまって、その期間は親にも先生にもチームメートにも迷惑をかけたから、その分まで自分のプレーでしっかり恩返ししたいです。

八木 自分がここまで来れているのも、自分の親であったりミニバスから今まで教えてくれた先生だったり、一番は山本校長先生のおかげだと思うので、優勝という形で恩返しがしたいです。私はまだ2年生ですけど試合に出させてもらっているので、その責任をちゃんと背負ってプレーして、3年生には最後は笑顔で終わってもらえるように頑張ります。

堀内 私も中学の時からずっと試合に出させてもらっています。3年生もメンバーに入れなかったりベンチで応援してくれたりしていて、自分たちはその分までコートの中でやらなきゃいけないことをしっかりやって、優勝したいです。

RECOMMEND