B.LEAGUE#LIVEを楽しもう! vol.8 【ドラフト攻略⑤】ポジション別にTOP15と注目選手を見てみようポイントガード編

B.LEAGUE#LIVEを楽しもう! vol.8 【ドラフト攻略⑤】ポジション別にTOP15と注目選手を見てみようポイントガード編

2022/11/13 17:00

『B.LEAGUE#LIVE2022』は、Bリーグ公認のファンタジースポーツ『B.LEAGUE#LIVE2021』の2022-23シーズン版。実在のB1・B2所属選手からチームを作り、リアルかつタイムリーな現実成績を基に競い合う新しいゲームとなっている。

推し選手を選んで「B.LEAGUE#LIVE2022」で遊ぼう

『B.LEAGUE#LIVE』で遊んでいますか? まだ遊んだことがないという方に興味を持ってもらえるように、ゲームの鍵となるドラフトについて紹介します。第8回は『ドラフト攻略⑤ ポジション別にTOP15と注目選手を見てみようポイントガード編』です。

図)B1 ポジション別TOP15 (ポイントガード) ※第5節終了時点

ポジションについて
・エースクラスの日本人を確保したいのがポイントガードです。TOP15の内11名を日本人選手が占めるため、日本人選手を優先して指名したいポジションで、強みとなるのはAst(アシスト)、Stl(スティール)、A/TO(アシスト数÷ターンオーバー数)です。ここに得点力が加わるとTOPランカーとなってきます。弱みはリバウンド、ブロックはもちろん、FG%(フィールドゴール成功率)のポジション平均が39.5%と、これは上位選手も例外ではないため、そこは考慮せずに選手を選ぶ方が良いドラフトになるでしょう。

<注目選手>
河村勇輝(横浜ビー・コルセアーズ、総合12位、シーズンロング16位)
日本人唯一の総合TOP10クラス。競合は恐れずに必ず1巡目に指名すべき選手です。得点力はもちろん、アシスト1位、スティール3位と2項目でリーグトップの成績を残しており、1人で両項目に勝ち星を引き寄せてくれる選手です。唯一の弱みは23.3%の3FG%(3ポイントシュート成功率)ですが、FG%はポジション平均以上の41.6%、FT%(フリースロー成功率)も決して低くはないため、シーズンを通して成功率が改善されていく可能性も考えられます。その他FG%、OR(オフェンスリバウンド)、TR(トータルリバウンド)、A/TOはすべてポジション平均以上のスタッツを残しているオールラウンダーです。

斎藤拓実(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、総合35位、シーズンロング21位)
シーズンロングでTOP20級。6チームリーグ以上であれば、必ず1巡目指名をすべき存在です。アシスト3位、スティール12位に加えて、平均2.2本の3FGM(3ポイントシュート成功数、リーグ19位)の確率は54.1%とリーグ18位。ガードながら53.7 FG%と、得点力もありながら成功率も高いなど、スタッツ上はこれと言った弱みが無い司令塔です。
 
藤井祐眞(川崎ブレイブサンダース、総合77位、シーズンロング76位)
昨シーズンのMVPはシーズンロング順位も昨シーズン29位と日本人最高順位を記録。今シーズンは35.8 FG%(昨シーズン45.8%)、28.3 3FG%(昨シーズン39.6%)と、本調子が出ていないがFGA(フィールドゴール試投数)は昨シーズンよりも増えており、FTA(フリースロー試投数)や3FGA(3ポイントシュート試投数)も変わっていない。その他スタッツも昨シーズンと同等の成績を残しているため、復調することを前提にすると1、2巡目で指名していくべき選手です。Ast、TR、FTM、3FGM、Stl、そしてもちろん得点とポイントガードにはなかなかいないオールラウンドな成績が期待できます。PG/SGの両ポジション適性を有しているのも強みです。
 
テーブス海(滋賀レイクス、総合52位、シーズンロング47位)
昨シーズンのシーズンロング192 位から150位近く上昇。3FGが2.4本(リーグ8位)に加えて、6.2Ast(リーグ3位)、4.3A/TO(リーグ16位)と複数の項目でリーグ上位に入っており、また確率系も40.7 3FG%、86.7 FT%と高確率です。ガードとしては4.9TRも優秀な数字で、リーグ27位となった平均出場時間を不安要素と見るかは人ぞれぞれですが、4-6チームリーグで早めに指名したい選手となっています。

合田怜(大阪エヴェッサ、総合95位、シーズンロング24位)
昨シーズンのシーズンロング243 位から220位超のジャンプアップ。シーズンロングでスタッツを競うなら、チームに必ず加えるべき穴のない選手です。派手さはないように見えますが、高いシュート成功率で着実に数値を積み上げるバランスの良さはチームに必要な存在となります。

久保田義章(京都ハンナリーズ、総合96位、シーズンロング88位)
強みである6.7Ast(リーグ6位)と4.29A/TO(リーグ17位)に加え、2桁得点、FTMが2.1本、3FGMが1.4 本と着実にチームの成績を引き上げてくれます。シーズンロングは88位ですが、早めに獲得したい選手の一人です。

橋本竜馬(レバンガ北海道、総合101位、シーズンロング75位)
53.4 FG%、54.5 3FG%、100 FT%とポイントガードして抜群の成功率を残しながら、2桁得点に3.8Astとしっかり積み上げ系でも成績を上げています。ポイントガードの指名では上位に獲得したい選手です。

その他
・富樫勇樹(千葉ジェッツ)
昨シーズン72位。得点力、アシスト、スティール、3FG数、成功率などすべてにおいて優秀な成績を残しています。チームでの役割も安定していて、スタッツのブレも少ないことから確実に上位指名しておきたい選手です。
・安藤誓哉(島根スサノオマジック)
昨シーズン30位。こちらも確実に上位指名しておきたい選手の一人です。チームのオフェンス力も踏まえると非常に高いスタッツ成績が期待できます。
・外国籍ポイントガード
指名するかどうかはチーム作りの方針次第です。センターとパワーフォワードのポジションは外国籍選手が上位を占める事を踏まえて、それらポジションで稼ぐスタッツを他のポジションで確保できるのであれば、ポイントガードに外国籍選手を指名すると大きな強みになります。

推し選手を選んで「B.LEAGUE#LIVE2022」で遊ぼう

RECOMMEND